読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次期カローラは北米向けと同じものになるらしい

カローラは国内向けと北米向けで別モデルになっていますが、2018年に予定されている次期カローラはこれを統一するという噂です。これが実現すると北米向けカローラカムリベースでサイズが大きいので(現在の北米カローラは全幅1780mm)カローラも3ナンバー化ということに。

ホンダは北米向けのシビックを日本でも販売することを発表しています。このシビックも全幅1800mmと大きめですが、カローラもこの流れに従うという感じでしょうか。北米向けカローラのサイズは日本ではSAIと同じくらいになります。さすがにクラウンよりは小さくなりますが、5ナンバーサイズからそれほど大きくはなりすぎない、ちょうどいいくらいではないかと思います。

現在の北米向けカローラはカムリベースです。そのカムリは新しいプラットフォームを採用してフルモデルチェンジとなりました。この新プラットフォームを採用したカローラを日本でも販売するということはまったくおかしな話ではありません。ただ、そうなると他のモデルはどうなるのか?気になるところです。

トヨタの5ナンバーセダンはどうなる?

カローラは社用車としても多く使われていますが、3ナンバーサイズとするのか?プロボックスとサクシードがあるので、駐車スペースなどの問題で5ナンバーサイズにこだわる場合はこちらを、後部座席に客を乗せる場合などは3ナンバーで大型化するカローラを、ということになるのでしょうか。

5ナンバーサイズのセダンはなくさないと思われます。現在トヨタの5ナンバーセダンカローラアクシオアリオン、プレミオの3車種ですが、アリオンとプレミオは残るでしょう。アリオンとプレミオの統合もしくは廃止という噂もありますが、街を見ると沢山走っています。特に高齢者のドライバーに多いような印象がありますが、買い替え需要もあるでしょうし、年を取って大きな車は自信がないという方がクラウンやカムリからプレミオに買い換えるケースもあるでしょう。そんなわけでアリオンとプレミオに相当するセダンは残るでしょう。

オーリスはまたカローラに戻る?

問題はワゴンのカローラフィールダーとハッチバックのオーリスです。カローラフィールダーまで3ナンバー化すると5ナンバーのワゴンがなくなってしまいます。オーリスの方は元々はカローラの派生車でしたが、独立し既に3ナンバーサイズとなっています。カローラもオーリスも2018年に発売する予定なので、日本ではあまり売れていないオーリスの名前をやめてカローラハッチバックというような感じで、カローラの派生車に戻るかもしれません。次のカローラは若返りが一つのテーマになりそうなので、それにはセダンよりもハッチバックの方が合っているでしょう。そんなわけでオーリスはカローラに統合されるのではないかと予想します。

ワゴンはどうなるのか?

カローラフィールダーの方はどうなるのか噂も出ていませんし、予想も難しい。3ナンバー化したカローラをワゴンにするとプリウスαと被ります。かぶるせいかオーリスのワゴンタイプは日本では販売されていません。プロボックス・サクシードをベースに5ナンバーに抑えたワゴンがあればと思いますが、ベースがベースなので内装も外装も作り直しとなり難しいかもしれません。カローラフィールダー後継は落とし所が難しそうな気がします。

まとめ

カローラが北米向けと国内向けで統一されると5ナンバーワゴンがなくなるかも!

トヨタ・カローラ 50年とその時代 (M.B.MOOK)

トヨタ・カローラ 50年とその時代 (M.B.MOOK)