上海モーターショーでクラウン後継が見えてきた?

上海モーターショーでクラウンクルーガーが発表されました。

car.watch.impress.co.jp

リーク通りのハイランダーの兄弟車でした。
日本のクラウンもセダンプラスと呼ぶSUVのようなものになるとされていますが、恐らくはこれではないでしょう。

クラウンクルーガーよりも次期クラウンはこういうものではないのか?という車がフォードから発表されています。
FORD EVOSという車です。

www.motor1.com

見た目もコンセプトカーっぽさがありませんが、どうやらこのまま市販されるようです。

元々スパイショットからモンデオの後継と目されていたものだと考えられます。ただモンデオ後継はハイブリッドと予想されていましたが、これは流行りのEVです。
モンデオは現行限りと明言されているらしく、もしかしたらこれをベースにPHEV化したものがヨーロッパで導入されるのかもしれません(外国のネットメディアもEV!EV!みたいな感じではないので、EVでの導入はそこまで期待されていないようです)。

car.watch.impress.co.jp

トヨタとスバルのEVはハリアーのような都市型SUVスタイルで(フェンダー周りは黒いクロスオーバーなどに見られる意匠ですが光沢があるようなので塗装され、実用的な無骨さよりも都市型を演出しています)、クラウン後継もやはりこういった路線になるのかなと思わせます。

というわけで、セダンやワゴンはEV時代に向かいクーペSUVのようなスタイルになっていくと思われます。

スバルはアドレナリンコンセプトでWRCに復帰か?

スバルが新型モデルのテザーを開始したというニュース。

car.watch.impress.co.jp


順当にいけば、VIZIV ADRENALINE CONCEPTの製品バージョンになるでしょう。

www.subaru.jp


Twitterの写真にも樹脂製フェンダーカバーみたいなのが写っています。

おそらくXVとフォレスターの中間となるSUVで、クロスオーバーのXVよりもSUV寄りに、フォレスターよりもスタイリッシュだけど無骨な感じのものを目指しているっぽいです。

トヨタとの協業による「最高に気持ちいいAWD」がまだ出ていないので、これがそれにあたる可能性もあります。
というのも、トヨタC-HRが一代限りで終わると予想されていて、小型SUVのポジションが空いてしまうので、そこに入る新車種が欲しいから。
小型SUVはまだまだ人気があるのに、トヨタC-HRを止めてただ指を加えて見ているはずがなく何か用意があるはず。

車種を絞って高収益を上げるスバルが売れ筋とはいえ、新型モデルとして小型SUVを投入するのか?という疑問もあり、トヨタでも販売すると考えれば納得出来ます。
インプレッサ、XVのフルモデルチェンジ前にアイサイトXを搭載できるというメリットも。フルモデルチェンジのペースと先進機能の発展ペースが合っていないので新しく車種を追加するのはそのギャップを埋めるためかもしれません)

ところで、スバルがWRCに復帰するのでは?という予想がありますが、もしかしたらこれでWRCに復帰するかもしれません。
2022年にWRCのレギュレーションが大幅に改定されますが、WRカーは市販車のサイズをそのまま使う必要がなくなり縮小して使用することが出来るため、スバルのように適当なBセグメントの市販車がなくてもWRCに参入出来ます。
そうでもなければ小型SUVをアドレナリンなんて名前のコンセプトカーにしないでしょう。
それにTwitterの写真はボディが青!
トヨタC-HRでニュル24時間を走らせているしSUVだってターマックでも大丈夫でしょう、知らんけど。

答え合わせ

ということで発表されました、Outback Wilderness。
少し前からリークがありましたが、アウトバックをさらにSUVっぽくしたモデルでした。
フェンダーやバンパーなどの感じはアドレナリンコンセプトっぽくありますが、アドレナリンコンセプトは全長が短そうな感じなので、もしかしたらアドレナリンコンセプトは別にあるのかもしれません(XV Wilderness?北米ではXVじゃなくてクロストレックですが)。
ちなみに最低地上高は240mmでフォレスターより20mm高く、アプローチアングルは同じくらい。
海外のサイトではRAV4と同程度の走破性でラングラーのようなクロカンには劣るとのこと。
国内で販売されるのかはわかりませんが、除雪されていない雪道は最低地上高の確保がありがたいので、需要はなくはないと思います。
SUVやクロカン以外(プロボックスやNV200など)をリフトアップするのも流行っていると言えば流行っているし、国内販売の可能性もあるのかもしれません。

アップルカーというかEVは販売から40年面倒を見てもらえるのか?

アップルに30~40年車の面倒を見る気概はあるのかというニュース。

iphone-mania.jp

日本では新車から廃車されるまでの期間が平均すると10年ないくらい。平均ですのでもっと古い車も普通に走っていますし、(世界と比較して)日本は中古車があまり売れないので廃車の手続きはされますが中古車は輸出され様々な国で使われています。
40年は少し極端ですが、20年くらいは面倒をみる必要はあるかもしれません。

でも、それって販売するからで販売せずリースにすれば3年とか5年だけ面倒みればいいのでは?という気も。
リースにすることで強制的に新車にアップデートする状況を作れば(下請けする)メーカーも美味しいでしょう。
ただ、ここで一つ大きな問題があります。
二酸化炭素排出量です。
そんなの電気自動車だから関係ないでしょ、というわけにはいきません。

現在、車が排出する二酸化炭素というと燃費ばかり注目されています。なのでEVで騒いでいるわけです。
一方で、これからは製造時と廃棄時に排出される二酸化炭素量を見積もり、燃費と共に評価しようという流れになっています(ライフサイクルアセスメントと呼びます)。

電気自動車は製造時に二酸化炭素を沢山排出するため(製造時の二酸化炭素排出量は2倍程度といわれます)エンジン車に対する優位はなくなり、さらに5年くらいでバッテリーを交換してしまうと、いくら再生可能エネルギーを使用してもEVはライフサイクル全体での二酸化炭素量も多くなり不利になる可能性があります。

電気自動車もこれまで同様に10年くらいは乗ってもらわないと、逆に二酸化炭素排出量が多いのはEV、やっぱりEVよりハイブリッドやPHVがいいですね、という展開を残しています。
というか、冒頭の発言もEVも30年40年走れなきゃ駄目じゃないんですか?みたいな意図があるのかもしれません(ディーゼルはエンジンが丈夫でライフサイクルが長いため復権する可能性すらワンチャンあります。さらにEVは車重が重いためタイヤの負荷、道路の負荷が高く二酸化炭素以外の環境負荷は高くなりやすくEV礼賛が長く続かない可能性も)。

燃費ではなくライフサイクル全体の二酸化炭素排出量を重視すると、リースにより強制的に製品寿命を区切ってしまうとその製品の二酸化炭素排出量は非常に多くなるわけで、これからの自動車業界では生き残れないでしょう(排出権を買うことは考えられますが企業の姿勢として避難は免れないと思われます)。
ということで、Appleが自動車に参入するなら、やはりある程度長い期間面倒をみる覚悟は必要になるでしょう。