新型クラウンを見て思うこと

3ボックスでクロスオーバーのチグハグ感

事前にベストカーがちらっと書いていましたが、リーク通りきちんとした3ボックスでした。
3ボックスのメリットって、遮音性がメインであとは空調の効きがよくなることくらいだと思います。
でも、それってお金かければなんとかなるわけで、利便性を考えれば3ボックスじゃない方がと思います。
もちろん、3ボックスじゃなきゃ嫌だ!っていう既存のクラウンユーザーが多いからそうしたんだと思われますが、だったらクロスオーバーを名乗らず全高は低くてもいいのでは?とならないのでしょうか。
クロスオーバーという名前から期待するのは3ボックスではないと思いますし、クロスオーバーという名前を聞いて遠ざかる人は3ボックスを望んでいる人でしょうし、チグハグに感じます。

内装と外装

内装が安っぽいという声がありますが、私はよくわかりません。
センチュリーやLSじゃないので、プラスチック感があってもいいのではないかと思います。その方が気楽ですし。
いわゆる高級感のある内装は、少々古臭く見えますし、中途半端になりがちです。
やたらステッチを強調したり、差し色を使ったり、キルティングのシートなど好みが分かれるし、内装は難しいですね。
エクステリアはリアの立体感の作り方が面白いと思います。日本のメーカーっぽくない自信と割り切りが感じられます。
その自信と割り切りを担保するのは衝突被害軽減ブレーキなどの技術でしょう。要するに後退時ぶつかることはない、という自信があってこその造形です。
リアの造形は地味に新時代に突入した感があります。

RSの車重とハイブリッド

RSは車重が2トン近くあるのですが、その理由がよくわかりません。
ターボの補機類、THSではない1モーター2クラッチのハイブリッド、リアのeアクスルが重いのだと思われますが、そこまで差があるの?という気が。
重くなれば運動性能は落ちるわけで、そこまで重くても選ばれる内容なんでしょうか。
当然、車重を増してもなお運動性能を確保してあるとは思いますが、車重を増さない方向では出来なかったのか疑問があります。
システム最大出力もたいしたことないし。
あと、デュアルブートハイブリッドという名前。THSなんちゃら、にしなかったのはどうしてなのか気になります。
私みたいな性格が悪いのは、もしかして出来が悪いのかな、とか思っちゃうので、堂々とTHSなんちゃらと命名すればいいのに。

コロナ以降感のなさ

コロナ以降の車として、ベンチレーション性能をアピールするんじゃないかと少し期待していました。
大人が4人座って長距離移動する時に、マスクをしなくても感染リスクを減らせますよ、みたいなベンチレーション性能です。
実際のところ「感染リスクを減らせる」とは宣伝できないとは思いますが。
それでも車内は◯秒で空気が入れ替わります的なものがなかったのか、検討しなかったのか。
外気導入が嫌いな方が結構いるようですが、そういったユーザーでも外気導入が気にならないような技術を取り入れられないのかと。

クラウンと豊田章男

4車種のクラウンは、各ジャンルでトヨタのフラッグシップモデルをクラウンという名前にすると思われますが、顔が揃っているわけではなく、デザイン言語が伝わってくるわけでもありません。
自動車産業が大きく変わろうとしている状況です。
クラウンがこれから何代続くのかわからない、これが最後になるかもしれない。そんな状況だから、(最近のトヨタが好きな)「危機感」を持ちクラウンをフルモデルチェンジするならば、クラウンのネームバリューを使いつくす、やりつくす、ということかなと思います。
それはいいのですが、トヨタはフラッグシップたるクラウン4車種でユーザーに何を提供しようとしているのか、全く見えません。
表面を撫でるだけで、なんら提案のない虚しい、空虚なプレゼンでした。
豊田章男がやたらケツを叩くから急いで色々やってみたんだな、ってのはわかりましたが、ユーザーにはどうでもいいことです。
ユーザーの顔を見て作ったというより、豊田章男のご機嫌を伺って作ったんじゃないかと思わせるようなプレゼンに特設サイトはどうなんでしょう。

2035年のEUガソリン車販売禁止のこと

EUは6月8日、2035年にエンジンを積んでいる車の販売禁止を決めました。
二酸化炭素を排出する車の販売禁止で、これには代替燃料だけを使うエンジンも含まれます。

その後、5年延長の異議申し立てがあり、なぜか日本のネットでは少し湧きました。
jp.reuters.com

当然のように異議申し立ては通らず。こちらは日本のネットでは盛り上がりません。
jp.reuters.com

ただ、2026年にハイブリッドや代替燃料についてもう一度評価する、という条件がつきました。
現在の販売禁止は二酸化炭素を排出する車の販売禁止なので、代替燃料+電動ハイブリッドならOKになる可能性はあるのかも。
それでも代替燃料はeフューエルは無理だと思います。合成はあまりにも効率が悪いので。メタノール、プロパノールなどの低級アルコールはワンチャンあるかもしれません。

www.youtube.com

この辺りに関しては、色々とあるけれど動画は面倒なので書いてみます。

EUはなぜ車をターゲットにしているのか

まず、EUのEV移行について。
EUは自家用車やトラックを含む自動車から排出される二酸化炭素の量が、1990年比で130%くらい。
これを2030年に1990年比で60%程度に減らそうとしている。
なぜ60%を目標にしているのかというと、工業や農業の二酸化炭素排出量が1990年比で既に60%くらいだから。
つまり、EUが排出する二酸化炭素のうち、車ばかり増え続けているから車がターゲットになっている。
よく言われる、日本のハイブリッドに嫉妬して強引にEVへ移行しようとしている、というのは全くの間違い。
そもそもEUで日本車はあまり売れていない。トヨタよりヒョンデの方が売れるくらいだから、日本車なんて眼中にない。
あとドイツの自動車団体は2035年二酸化炭素排出車販売禁止に反対している。じゃあドイツが国をあげて反対しているかというと、そうじゃない。販売禁止を推進しているのもまたドイツ。

さて、日本の二酸化炭素排出量の内訳をみると、自動車から排出される二酸化炭素は増えていない。
EUのように1990年からの変化をみると、1990年から(恐らくそれ以前から)順調に増えるものの、二代目プリウスが発売される2003年頃から減少に転じ、現在は1990年比で同レベルの二酸化炭素排出量にとどまっている。
EUが1990年比で130%程度なので、EUと比べればEVへの移行圧力は弱いと言えるかもしれない。
日本の場合、家庭から排出される二酸化炭素量は増加を続けている。その点で、東京都の新築太陽光パネル設置義務は妥当かなと考えている。
家屋の断熱や家電の省エネ化は進んでいるのに、家庭から排出される二酸化炭素が増えるのは解せない。
二酸化炭素換算のやり方はいくつかあるようですが、2012年、2013年頃から急に二酸化炭素排出量が増えているのは原発停止の影響でしょう。

水素はめちゃくちゃ有望

EVと並んで誤解が多いのが水素。
まず水素は日本のガラパゴス的なものではなく、世界で注目されて研究されている。
水素をそのまま使う場合と、水素をアンモニアにする場合とがある。
水素をそのまま使うのはほぼほぼ燃料電池。それ以外の芽は現状では微妙。
アンモニアの方が有望。ではアンモニアで何をするのかというと、燃料として使う。
再生可能エネルギーというのは一日を通しても、一年を通しても安定した電源ではない。
なので、余らせて蓄電するのが基本の運用。
蓄電には揚水発電(重力発電と呼ばれる水を使わない位置エネルギーへの変換も)、バッテリーへ充電、水素への変換などがある。
有名なのがノルウェー
全体の96%を水力発電で賄っているけれど、意外かもしれないが水力発電は年間を通して安定した電源ではない。
沢山ダムを作ったところで冬はクソ寒いから凍るし、雪解けの季節はダムからあふれるから無限に水を溜め込むことは出来ない。
なので、余裕がある時にガンガン発電して水素へ変換している。
再生可能エネルギーが目指すのはノルウェーで、太陽光も風力も余裕がある時にガンガン発電して、余った電気はなにかしらの形で貯めておく(蓄電)。
バッテリーへの充電は、テスラのギガファクトリーが既に稼働している。バッテリーなんてすぐにヘタりそうだけど、テスラに言わせれば元を取るのは簡単らしい。
バッテリーへの蓄電は出したり入れたりくらいだけど、水素への変換は応用が効く。
燃料電池での利用、水素からさらにアンモニアへ変換してカーボンニュートラル燃料としての使用など。
アンモニアは船や飛行機、火力発電での利用も研究が進んでいて、船と火力発電は数年後に実用化されそうなくらいのところまで来ている。
トヨタがやっている水素エンジンは、全くの与太話で実用化はまず無理。燃料としての水素は嵩張るくせに燃費が悪いから。
火力発電では水素と天然ガスとの混合燃焼も検討されているけれど、アンモニアなら天然ガスを使わずに100%アンモニアでいける。
それにアンモニアの方が水素と比べればずっとずっと液化しやすく扱いやすい。
水素よりもアンモニアを合成するひと手間かかるけれど、代替燃料としては水素でなくアンモニアが本命。
燃料電池もそれなりに使われると思う。

新型クラウンの発表が楽しみ

新型クラウンがどうやらリーク通りだったという話と、RSというグレードが妙な感じという話です。

youtu.be

クラウンがモデルチェンジして大きく変わる、というのは中日新聞が「セダンプラス」という言葉を使ったのが最初でしょうか。
いや、その前からSUVになるという話が出てきていたような。
初出はともかく「セダンプラス」という言葉が使われるようで、リークだったのでしょう。
意匠登録で明らかになった外装は、SUVというよりは、クロスオーバーに近いもので、クロスオーバーというよりも、BMWのGTに近いもの。
SUVはまた別にあるようです。

新型クラウンの中身は先に発表されたレクサスの新型RXに近いものです。
RX500h Fスポーツパフォーマンスというグレードが発表されていて、これはRSに相当するようです。
新しいクラウンRS、ハイブリッドなのに6速ATです。
トヨタのハイブリッド、THSは電気式無段変速機というタイプなので、6速ATはTHSとは別のハイブリッドを採用していることを示しています。
電気式無段変速機じゃないTHSは、CVTと組み合わせたエスティマハイブリッドのTHS-C以来だとか。
6速ATとの組み合わせの名称はTHS-Rになるでしょう。

6速ATはトルコンのないタイプの湿式多板クラッチマツダのCX-60やメルセデスAMGスピードシフトMCTと似たものでしょう。
トルコンレスだと、ドグクラッチを採用したルノーのEテックハイブリッドも同じ思想。
とにかくコンパクトにしないと。
FFのルノーは4速、FFのトヨタが6速、FRのマツダは8速、FRのAMGは9速と違いはありますが。
最近の流行りとも言えますが、今後も増えるかというと疑問です。
燃費のためというよりも、味付け重視に思えるので。

一方で、味付け重視、走りを重視しているのであればスポーツカーへの利用もあるでしょう。
ただ、仮称THS-Rは横置きエンジンと組み合わせたハイブリッド。
横置きエンジンとの組み合わせをスポーツカーに流用するのであれば、MR2のような前後ひっくり返したような後輪駆動がワンチャンあるのかも。

あと、気になるのがフロントモーター。
ベストカーが出している新型クラウンの諸元表を見ると、フロントモーターの出力がけっこうあります。
結構というか、めちゃくちゃあります。
ISGやBSGと呼ばれるタイプよりもずっとずっと高出力。そんなモーターがフロントに収まるのか不思議でなりません。
新型RXの内装を見ると後部座席にトンネルがあるので、そこに収めているのでしょうか?
ベストカーの紙面に、6速ATを組み合わせたRXのクラッチの位置が書いてあったような気がするので確認します。

それにバッテリー。
バイポーラ型のニッケル水素を使うのはいいのですが、RSは車重から考えるとPHEV。
PHEVにニッケル水素が使えるのなら、EVにも使える可能性があるのでは?
ニッケル水素がEVに使えるとなると、ゲームチェンジャーとまではいかなくとも、かなり大きいのでは?

とにかく、新型クラウンの諸元を見ると謎が多いし、その分期待も出来ます。
外観を含め、トヨタっぽくない車になるのは間違いないでしょう。