レクサスLMは世界で勝てるのか?

未だに販売地域が限られるレクサスLMですが、どうして世界展開しないのでしょうか?
ラグジュアリーでゆったり快適、世界で勝負できそうな気がしますがどうして勝負しないのか。

世界展開しない理由の一つには長距離移動の場合は重心が高すぎるせいかなぁと想像しています。
車高が高いせいでどうしてもロール量が大きくなりますし、高速走行時は特に横風に弱くなります。
そんなこともあって基本的に全高が高い車は長距離移動時に疲れやすい。
乗り心地ではアルベルよりも全高の低いエルグランドの方がいいと言われるくらいです。
バッテリーを沢山載せて、重心を低くすることでそれも改善されるでしょうが、床が高くなってしまい乗り降りがしにくくなり低床ミニバンのメリットが損なわれます。

乗り心地を重視した高級ミニバンと考えたらオデッセイの四人乗りとかあってもよさそうですが無いことを考えるとそれほど需要はないのでしょう。

世界的に見ればベントレーのベンテイガとかロールスロイスのカリナン、マイバッハSUVがあるのに、レクサスLMに相当するようなものはないので(メルセデスVクラスはありますがLMとは方向性がちょっと違うかなと思います)、やはり需要は少ないのかなと思われます。

というわけで、レクサスLMは世界展開はしないと思われます。

代わりにJPNタクシーみたいなのをDからEセグメントで作ったらどうかと妄想します。
3ボックスのセダンタイプ(JPNタクシーは2ボックスですが)で低床、スライドドア。キャプテンシートの定員4名、全高が少し高くてヘッドクリアランスに余裕がある。
ロールスロイスみたいな分厚い感じで、さらにオラついた顔なら売れるはず!
(色々書きましたが単にレクサスの市場であるアメリカでミニバンはダサいイメージが強いせいだと思います。国内で販売しないのはディーラーへの配慮かもしれません。高額車をレクサスに持っていかれトヨタディーラーが販売出来る高額車は減ってしまい単価が落ちて反感を買ったので、アルファードの最上グレードをレクサスに持っていかれたくない、定期的に買い換える社用車需要をレクサスに持っていかれたくないなど)

ライバルに対するエクリプスクロスPHEVの一番の強みは

以前から予告していたエクリプスクロスPHEVの詳細が発表されました。

www.mitsubishi-motors.co.jp

公式コンテンツとしてエボXとの比較が準備中になっているので自信のほどが伺えます。

PHEVの追加にあたりエクステリアデザインとサイズが変更されています。
フロントデザインはそれほど大きく変わった印象はありませんが、リアはかなり変わっています。
以前のエクリプスクロスはダブルガラスというやつでしたが、普通のハッチゲートに。そして三菱らしいデザインに。
三菱は妙にリアデザインを似せる傾向がありますが、以前のエクリプスクロスはそれから外れていましたが、新しい方は三菱っぽくなりました。
エクリプスクロスは日産との共用がないからでしょうか、マイナーチェンジでより三菱らしさを詰め込んだのかなと思われます。そのアピールとして三菱らしいリアデザインに変更したのでしょう。

ライバルはRAV4 PHV

ライバルはもちろんRAV4のPHVになるでしょう。
RAV4のPHVは予想より安いと言われていましたが、エクリプスクロスPHEVは更に安くしてきました。上位グレードで100万円近い差があります(恐らく両車ともに値引きはほとんどないと思われます)。
しかも、動力性能は同程度。
さらに、Vehicle to Homeという車のバッテリーを(災害時など)家の電源として使う場合は10日分に相当するとしています。
1日分の使用電気量をどの程度想定するかにもよりますが、RAV4の方は3日としているので電池容量が大きそうですが、EV後続距離(バッテリー走行)はRAV4 PHVが95kmに対してエクリプスクロスPHEVは57.6kmと6割くらい。
燃費はRAV4の22.2km/Lに対してエクリプスクロスPHEVは18.6km/Lと落ちます。
車のサイズを考えるとRAV4が異常なくらいの燃費なので燃費の勝負は分が悪い。

一方でサイズはエクリプスクロスPHEVかなと思います。
エクリプスクロスは全長が大きくなって4545mm、全幅は1805mmと比較的扱いやすいサイズ。
対してRAV4は全長こそ4600mmと似たようなものですが北米がメイン市場ということもあり全幅は1855mmと結構広め。場所によっては駐車場の幅ギリギリになります。

注文出来ることが一番の強み

RAV4 PHVに対するエクリプスクロスPHEVの一番の強みは現在のところ注文出来ることでしょう。
RAV4 PHVは売れすぎて現在注文を受け付けていない状態(恐らく価格設定を下げて儲けがほとんどないので台数は作りたくないのかなと邪推しています)。対してエクリプスクロスはいくらでも注文を受けてくれるでしょう。

まとめ

アウトランダーPHEVのシステム自体は評価が高いのでエクリプスクロスPHEVもシステム自体に不満は出てこないと思われます。
あとは外装と内装が気に入ればRAV4よりこちらを選ぶ価値は高いでしょう。

GRヤリス TypeR?がテスト中

GRヤリスのさらなるホットバージョンをニュルでテストしている、という記事です。

www.carscoops.com

フロントバンパー脇のフィン、リアの二段風スポイラー、そしてよくわからないリアホイールの造形。
フロントバンパーは純正エアロにあるリップはないのでラリー向けなのかもしれません。
リアスポイラーは純正のものとは形状が違うようで、ルーフを延長したような形状になっていて、リアウインドをかなり塞いでいます。
これだと通常のハイマウントストップランプを隠してしまう気がするので(テスト車両では位置を変更してあるようです)、ナンバー付きにするためにはエアロとしてのオプションなどではなくハイマウントストップランプの位置を変更した専用車が用意されるのでしょうか。


リアホイールだけは間に合わせのようなカバーで、空気の巻き込みを減らすためでしょうか?
最近は(鉄チンじゃなくて)アルミホイールにカバー、ホイールキャップを付けて燃費改善を狙うものがありますが、レヴォーグは評判はよくなくやめてしまいました。
競技向けホイールキャップとして登場するのか、ホイールのデザインを変更するのか気になります。

写真からはよくわかりませんが、もしかしたらリアディフューザーも別のものかもしれません。
ルーフも何かやってますが、光沢がないところはスバルがニュルに投入した鮫肌塗装に見えなくも。耐久性の面で市販車には向かないようですが洗車機を使わなそうな車ならあるいは、と思っていますが単に市販用とは別の素材なのかもしれません。

例えばワンメイクの競技専用とかサーキット専用としての開発なのか、公道向けなのかはわかりませんが、恐らくは公道向けでしょう。
そしてマイナーチェンジ用というわけではなく、恐らくは限定車のような形になるのでしょう。

追記

動画があったので。
ルーフを延長したようなスポイラーのみでプジョー206みたいなスポイラーのないものも走っていたようです。
ということはセットではない、コンプリート車ではなくオプションの可能性もあるのかも。