罰金は実際どのくらいになるのか?

制限速度を30km/h超えるスピード違反

一発免停となるのが一般道で30km/h以上、高速道路で40km/hのスピード違反です。一般道で30km/h以上のスピード違反は行政罰の他に刑事罰が付きます。行政罰は反則金と呼び、刑事罰は罰金と呼びます。罰金の額は法律で10万円以下となっていて、具体的な額は裁判(普通は簡易裁判)で決まります。行政罰は起訴、裁判がありません。

30km/hちょっとのスピード違反の場合、10万円以下の罰金ですが、初めての場合は大抵6万円です。そんなこともあり5km/h毎に1万円といわれ、40km/hのスピード違反なら8万円。50km/h以上のスピード違反は12点で罰金は8万円から10万円といわれます。

飲酒運転は20万円~

最近は少なくなったと思いますが、罰金の発生する違反は酒気帯び運転もあります。
0.15-0.25%未満が13点、0.25%以上で25点、刑事罰はいずれも3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。13点は90日の免停、25点は一発免取りで欠格期間が2年です。非常に重大な違反です。罰金は20万円から30万円が相場といわれています。

酒酔い運転になるとさらに厳しく、35点で免取りで欠格期間は3年以上で最大10年。刑事罰は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。ちなみに35点は救護義務違反、ひき逃げと同じ点数です。

罰金は一括払い

ちなみに罰金は一括払いで、分割はできません。罰金が支払えない場合は、日当5000円の労役で支払うこともできます。労役は土日休みですが土日や有給扱い?で一週間で3万5千円の返済になるようです。もしくは差し押さえになります。

ちなみに罰金ではなく反則金の方は支払わないと起訴されて略式裁判、罰金刑という流れになります。この場合は行政罰ではなく刑事罰(に格上げ)なので前科となります。ただ、全て起訴されるわけでなく不起訴も多いと言われます。

労役でムショに行ってきた!

労役でムショに行ってきた!

ワイパーの変な音、ビビリ音を直すには?

ビビリ音は振動で発生する音の総称で、ワイパーの変な音は本来のビビリ音とはちょっと違いますが、ビビリ音と呼ばれることが多いようです。

ワイパーのビビリ音の原因は主に2つあります

  • フロントガラスの汚れ
  • ワイパーゴムの劣化

です。

どちらも対策は簡単に自分で出来ますので、お店に持っていく前に試してみてください。

フロントガラスの汚れ

フロントガラスは構造上非常に汚れやすい部分ですので一見綺麗に見えても結構汚れています。
土や埃、虫や油膜などなど。フロントガラスは様々な汚れがあり、この汚れがワイパーのビビリ音の原因になります。特に油膜は洗車をしても残りやすいので要注意です。油膜が酷いとフロントガラスが虹色になります。

また、ガラスの撥水加工(ガラコのようなもの)もワイパーのビビリ音の原因になります。

ビビリ音が気になるようでしたら、まずはフロントガラスをしっかりと綺麗にします。

オカモト産業(CARALL) ガラスクリーナー 油膜取りパッド 2077

オカモト産業(CARALL) ガラスクリーナー 油膜取りパッド 2077

ワイパーゴムの劣化

ワイパーはワイパーゴムとワイパーブレード、ワイパーアームの3つからなっています。そのうちゴムとブレードは消耗品なので簡単に交換が可能です。

www.youtube.com

ワイパーアームにブレードが付いていて、ワイパーブレードにゴムが付いています。ワイパーブレードは使い回しが出来ますが安いものなのでブレードごと交換する方も珍しくありません。ゴムもブレードも対応車種などがあるので購入の際は確認してからに。

また、雪用ワイパーブレードというのがあるので、季節によって使い分ける方もいます。

ワイパーゴムが劣化すると柔軟性がなくなりうまくガラスにフィットせず拭き残しのようなものがでたり、ビビリ音につながります。

ただ、フロントガラスが汚れたままでは新品のワイパーゴムでもビビリ音はしますので、ワイパーゴムを交換する際はフロントガラスもしっかりと綺麗にしておきましょう。

ダイソンはどんなEVを作るのか?

www.sankeibiz.jp

この記事ではEV開発に10億ポンド(約1500億円)を投資し、動力源となる全固体電池の開発に同額を投じるとあります。

forbesjapan.com

この記事では1000万円を超える高級車を作るのでは?と予想しています。

www.nikkei.com

この記事では開発に20億ポンド、「スポーツカーでも格安車でもないものになる。他社の既存EVとは根本的に違ったものになる」(ダイソン氏)と書いてあります。

元々のソースは同じだと思いますが、3つの記事で結構バラバラです。この3つの記事を見て、思ったのは電気自動車は資金を集めるための、いわば客寄せパンダで本命は全固体電池の実用化、量産では?という気がします。全固体電池の用途は電気自動車に限定するものではないので、電気自動車以外へも広く使うことが可能で、大儲けが期待できます。

電気自動車自体は旭化成が動くコンセプトカーを発表するくらいですから、(よく指摘されますが)作ることはそれほど難しくないのかもしれません。しかしながら、どうやって売るのか、どうやって整備するのか、を考えると難題はいくつもありそうです。電気自動車はコモディティ化するといわれますが、命に関わるものですし高い買い物になります。この辺はコモディティ化が進んだスマホや家電とは大きく異なります。整備や修理が可能な環境をどうやって作るのかは開発と同じ程度か、それ以上の投資が必要になるのではないかと思います。

ダイソンがどのように販売するのか、これらの記事からは全くわかりませんが、1000万円以上するものに限定するのであれば、販売店舗数も整備拠点も少なくても問題にならないかもしれません。高級車が売れるのはどの国も都市部が中心ですから販売店も整備工場も効率的です。

ダイソンの掃除機も扇風機も高いので、高級車を中心に販売するというのは容易に想像できます。ただ、3000億円も投資して、1000万円の車を何台売れば利益が出るのでしょうか?やっぱり全個体電池の開発が目的ではないのかなぁと思います。

ダイソン コードレスサイクロン式掃除機 【Dyson V8 Fluffy】SV10 FF2

ダイソン コードレスサイクロン式掃除機 【Dyson V8 Fluffy】SV10 FF2