読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックでの駐車が下手な原因は?上手く止めるコツ、どんな練習方法がある?

苦手な方はとことんダメなのはバックでの駐車だと思います。トヨタや日産のインテリジェントパーキングアシストを使えば車が止めてくれますが、そのために車を買い換えるというわけにもいかないので、まずは練習でしょう。

www.youtube.com

周りのモノを目印にするのはやめた方がいい

教習所で縦列駐車を練習する時、教習所に設置してあるポールなどを目印にハンドルを切るように指導されるかもしれません。同じ要領で、家の駐車スペースにバックで止める時に目印を作り、ハンドルを切るタイミングにして上手くいくようになっても別の場所では目印がなく上手くいかないかもしれません。また目印のある場所でも車が代わると目印の場所が適切ではないかもしれません。駐車が上手くならない原因の一つはそんなとこにあるかもしれません。

目印で練習する方法は応用がきない可能性があるので(コツをつかんで上手くなる方もいるとは思います)、あまりオススメできません。駐車スペースの位置と車の位置を把握するような練習の方が上手くなります。

タイヤの位置を把握する

当たり前ですが車はタイヤで動かしています。車は必ずタイヤを起点にして動きます。タイヤが向いている方向にしか車は動きません、タイヤが動かない方向に車は動きません。狙い通りに車を動かすにはタイヤが今どこにあるのか、その位置をしっかり把握している必要があります。

前輪の位置は把握しやすいと思いますが、後輪の位置をしっかりと把握するのは案外難しいと思います。後輪の位置を把握出来るようになるとバックでの駐車の際にどんな風に車が動くのかイメージしやすくなります。タイヤの位置を把握するには、駐車場などの白線の上に左右両方の後輪をキッチリと止める練習をすると感覚がつかめるようになります。

車の位置をイメージとすり合わせる

私が大切だと思うのは、実際の車の位置と頭の中の車の位置を一致させることです。車の位置が把握出来ればハンドルを切ったままバックすればいいのか、そのままではぶつかるのか、ハンドルを切りすぎているのか、わかります。

実際の車の位置と頭の中のイメージを一致させる方法は簡単です。車から降りて状態を確認するだけ。駐車場に止める時、ハンドルを切って少しバックを始めた状態で一度止め、車から降りて状態を確認します。思っていた状態と実際の状態の違いがあればイメージが間違っていたことになります。これを何度か繰り返すと頭の中のイメージが実際と一致するようになってきます。

まとめ

駐車が下手な原因の一つは車をどんな風に動かしているのか、把握せずに車を動かしていることにあります。日産のアラウンドビューモニターのように俯瞰視点で車の状態がわかると駐車が苦手な方でもすぐに感覚がつかめます。アラウンドビューモニターやインテリジェントパーキングアシストが付いた車への乗り換えまでは車から降りて頭の中のイメージとすり合わせる練習が一番です。

シビック タイプRのニュル最速タイムが凄すぎる

発売前のシビック タイプRがプロモーションのためかニュルFF最速タイムを叩き出しました。最速タイムは出すのだろうと思っていましたが、そのタイムが驚異的です。

歴代のFFタイム

  • 2014年5月 メガーヌ R.S. トロフィーR 7分54秒36
  • 2015年3月 シビック タイプR 7分50秒63
  • 2016年5月 ゴルフGTIクラブスポーツS 7分49秒21
  • 2016年12月 ゴルフGTIクラブスポーツS 7分47秒19
  • 2017年4月 シビック タイプR 7分43秒80

これまでのタイトルホルダーであるゴルフGTIクラブスポーツSは世界で400台限定であることを考えるとカタログモデルになる新しいシビック タイプRが一気に5秒以上も短縮したことは驚異的です。ポルシェ 996 GT3 RSよりも速く、ムルシエラゴと同じくらい。マン島タイムアタックWRXより速いんじゃないかと思うくらいのタイムです。

動画を見るとFFとは思えないくらいズバズバと曲がっていて、もはや駆動方式はそれほど影響がないのかもしれません。どうしてこんなに速くなってしまったのでしょうか。無謀?にもFFでルマンに参戦した日産もニュルFF最速に参加してしてほしいところです。

www.youtube.com

中古車買い取り一括査定にもデメリットはある!

デメリットは電話やメールが沢山くること!査定を依頼しているので当然といえば、当然ですが。例えば引越し直前に処分したくて依頼すると、忙しいのに電話がかかってきてウザいと思います。一括査定は売却までの時間に余裕がある時にしましょう。



一括査定に登録すると、それぞれの業者から電話やメールで連絡が来ます。「お客様の車種だと○万円から○○万円程度になりますが、状態などによって変わりますので一度きちんと査定させて下さい」みたいな連絡です。査定はこちらの方に業者が来る場合、業者の方へこちらが行く場合とありますが、業者側が儲かる車種(すぐに売れる車種)に関しては業者が来てくれます。

基本的には高く売れるものほど電話が多くなり、買取価格が低くなっていくと電話からメールになり、買取価格がかなり低いものになると電話は少なく業者からの連絡はほとんどメールかもしれません。

年式が新しく軽の売れ筋など、中古車として売りやすい車種はどのお店も買い取りたいので、積極的に電話がかかってきます。逆に買取価格がそれほどでもない車種は、電話はそれほどでもないと思います。

買取業者の腕の見せ所は査定額を抑え、かつ確実に買い取れるか、にあります。査定額を高くすれば確実に買い取り(仕入れ)が出来ますが、儲けは少なくなります。査定額を低く見積もると儲けは多くなりますが、他の業者にとられ仕入れが出来ません。

査定額を抑えつつ確実に買い取るのが腕のいい買取業者ですが、売る側はよくわからないと思います。ですが複数業者を比較すれば、腹の探り合いみたいなものがわかるので、試す価値はあります。結局、ディーラーの下取りが一番なんてことも有りがちですが。