WRXがプラグインハイブリッド化するのは自然な流れ

WRX STIはそのうちPHVになる事が決まっているそうです。

carview.yahoo.co.jp

スバルの中の人が明言しているので、そうなるのでしょう。

ポルシェがEVを開発中ですが、スポーツ性の高いものほどEVやプラグインハイブリッド(PHV)に向かうような気がします。というのも、排ガス規制から逃れられないから(ポルシェの場合はテスラがEVに対して高級車のイメージを作ったという点も大きいと思います)。

あと20年も経たないうちに全ての自家用車はモーターを積むようになります。モーターを搭載してエンジンはなくなる、という意味ではなくエンジンだけの自家用車がなくなるという意味です。

モーターの使い方としてはざっくりと分けるとマイルドハイブリッド、ストロングハイブリッド、EVに分けることが出来ます。全てをEVにすると勘違いされがちですが、インド以外はエンジンだけの車がアウト、中国やイギリス、フランスはハイブリッドはセーフ、という仕組みを作ろうとしているところです。

マイルドハイブリッドは日本ではなんちゃってハイブリッドなんて言われることもありますが、当面(5ねん~10年くらい?)はこれが本命でしょう。というのは欧米勢はストロングハイブリッドに出遅れているから。日本でもスズキやマツダは実用的なマイルドハイブリッドを中心にすると思われます。マツダの次世代エンジンはマイルドハイブリッドが前提となっています。

マイルドハイブリッドはモーターのアシストが弱いのですが、ストロングハイブリッドと比べると安上がりなので、燃費向上によるハイブリッドの値上げ分の元がとりやすい、実用的な仕組みです。

プリウスに代表されるストロングハイブリッドは日本の得意分野です。内燃機関の高効率化は理論値に近いところまで来ていると言われるほど進化していて、あとはバッテリーの高性能化に発展の余地を残すのみ、という感じのようです。

ストロングハイブリッドをモーター重視にしていくと、プラグインハイブリッドになります。プラグインハイブリッドは充電するストロングハイブリッドで、普段はモーターで走り、高速走行や発電のためにエンジンを使います。このプラグインハイブリッド(PHV、PHEV)は2030年頃には主流になるのでは?と考えられています。日本ではアウトランダープリウスだけですが、BMWメルセデスプラグインハイブリッドを沢山ラインナップしています。

それでは、なぜスポーツ性能が高い車がプラグインハイブリッドになるかというと、低速時はモーターのトルクが活き、高速走行時にはエンジンの力を発揮し、エンジン音も楽しめるものになるから。

エンジンだけでは排ガス規制をクリアするのは難しく、マイルドハイブリッドでも厳しいでしょう。ストロングハイブリッドなら大丈夫かもしれませんが、スポーツ性能を考えるとかなり強いモーターのアシストが必要になるのでは?そう考えると将来のWRXプラグインハイブリッドになるのは自然ではないでしょうか?

どの程度までモーターで走りどこからエンジンを活かすのか、というのは味付けなんだと思います。今のところプラグインハイブリッドのスポーツカーとしてベンチマークになるようなものが無いように思えますが(ポルシェ918スパイダーやBMWi8がありますがWRXとはクラスが別で、ゴルフGTEがありますがWRXやゴルフR、Type Rのような志向でもありません)、PHVになったWRX STIが新しいスポーツカーのベンチマークとなるのかもしれません。

三菱が東京モーターショーで披露したe-EVOLUTION CONCEPTは伝統のEVO銘をEVに使用していますし、流れとしては自然でしょう。
www.itmedia.co.jp

タイヤチェーンの違いと選び方

タイヤチェーンはスタッドレスタイヤの緊急用の代用として使われる場合、深い雪の場合はスタッドレスタイヤの上からさらに装着して走行力を高める場合、などがあります。

高速道路では全車チェーン規制というものがあります。これは冬用タイヤの車でもチェーンを装着しないと走行できない規制です。一般道でも雪が深い山道などではスタッドレスタイヤにチェーンをつけないといけない規制もあります。

タイヤチェーンを使う方は多くはありませんが、用意はしておいた方がいいと思います。

金属と非金属

金属製の方が安い。金属製の方が滑るので案外装着が簡単(ただし冷たい)。

非金属製の方が丈夫で走行中それほどうるさくない。金属製よりも少しスピードを出せる。意外と装着に手間取る。冷たくなるほど伸びにくいので装着に力が必要。

金属製や非金属製の他に布製カバーというのも出ています。

チェーンのパターン

はしご型と呼ばれるものが昔ながらのシンプルなタイプですが、横滑りに弱いので、今では下火になっています。安く、シンプルな作りなので収納するとコンパクトです。はしご型の横滑りの弱さに対応したのが亀甲型です。

非金属製に多いのがネット型と呼ばれるタイプです。装着するとタイヤにネット、網をかけたような見た目になります。亀甲型よりもパターンが細かくなっているため、さらに横滑りしにくくなります。ただし、他よりも高価で寒くなるほどチェーンが伸びにくく装着の際に力が必要になります。

JASAA認定品

非金属製チェーンにはJASAA(一般財団法人 日本自動車交通安全用品協会)認定品とそうでないものがあり、認定品の方が安心感、確実ではあると思います。では、認定されていないものがダメかというと商品によるとしか言えません。

ジャッキアップ不要

現在販売されているタイヤチェーンのほとんどがジャッキアップせずにそのまま装着が可能になっています。

装着する時は軍手よりも水が染みないゴム手袋の方が向いています。また雪の中での作業になると思うので長靴があった方が靴下がビショビショにならずにすみます。

速度制限

金属製は30km/h、非金属製は50km/h以下の速度を制限する注意書きがあると思います(金属製は素材によっては40km/hというものもあります)。スピードを出しすぎると滑るだけでなく切れる場合があります。またタイヤチェーンといっても横滑りには弱いのでスピードの出しすぎや急ハンドルは禁物です。

高速道路のチェーン規制

金属や非金属製チェーンは問題ありませんが、布製カバーは現場係官によっては通行許可が出ないケースがあるようです。
また、規制区間以外はチェーンを外す必要があります。チェーンを外すのは一般道でも同じで、雪の無いところではチェーンを外します。

どのタイヤに装着する?

基本的に駆動輪に装着します。4WDの場合、説明書に前輪にのみ装着するよう指定があるかもしれませんので、確認してみてください。4WDで前輪、後輪ともに付けると、ハンドルを切っても曲がらないケースがあるようです。これはタイヤチェーンは横滑りに弱いことが原因で、ハンドルを切った前輪は横滑りした状態で後輪は滑らずにどんどん前に押すから。

ちなみに高速道路のチェーン規制は駆動輪もしくは4輪にチェーンを付けるようになっているので4輪全部にタイヤチェーンを付けるのが必ず間違いというわけでもないと思います。

装着可能サイズ

タイヤの経や幅によって装着できるチェーンのサイズも異なります。またノーマルタイヤラジアルタイヤ)よりスタッドレスタイヤの方が少し大きめなので、ノーマルタイヤでは装着出来るけれど同じ車種のスタッドレスタイヤには装着出来ない(装着に非常に力がいる)、というケースもあります。スタッドレスタイヤへ装着する場合は、よく確認してみてください。

まとめ・選び方

スタッドレスタイヤの代用として用意しておくのか、スタッドレスタイヤだけでは走れない道を走るために用意しておくのか、目的によってタイヤチェーン選びはかわると思います。

使用頻度が少ないものなので高価なものは選びにくいと思いますが、基本的に高価なものほどすべり止めとしての価値が高いものなので悩ましいところです。

耐久性には目をつぶり脱着は楽なのがいい方には布製カバーがいいと思います。ただし、チェーン規制の際は現場の係官によっては認められないケースがあります。またタイヤサイズだけでなく車種によっては対応していませんので要確認です。

ある程度の耐久性、滑りににくさなど総合的に考えると非金属製がいいでしょう。ただし、脱着は人によっては大変かもしれません。

乗り心地などは無視して、とにかく安く済ませたいのであれば金属製の亀甲型でしょう。

購入の際はタイヤサイズを確認して対応しているものを選んでください。

JPN TAXIの一般向け販売はあるのか?

トヨタのコンフォートに代わるタクシー専用車両、JPNタクシーが走り出しています。今のところ黒?紺しか見かけていませんが、タクシー会社により白系なども今後見かけるようになるのでしょう。

コンフォートと比べるとずいぶん大きく見えますが、当然のように5ナンバーサイズ。タクシーにも増えているプリウスよりも後部座席の頭上スペースは広いので窮屈な感じもないでしょう。
無理やりロンドンタクシー風にしたような見た目ですが、実物を見るとそれほど変な感じではありません。実用重視という感じで悪い印象はありません。

さて、この車、一般向けにも販売しないのでしょうか?

エンジンがガス専用なので(タクシーの中にはガスだけでなくガソリンも使えるバイフィーエルというのもありますがJPN TAXIはガスのみ)そのままでは販売できませんが、ガソリン使用が出れば少し需要がありそうな気がします。

というのも、車椅子のまま後部座席へ乗り込めるから。トヨタではウェルキャブと呼んでいる福祉車両はベースモデルよりも高いのですが、JPNタクシーのように最初から車椅子の利用も想定したものであれば福祉車両も普及しそうな気がします。

ただ、トヨタにはユニバーサルデザインを標榜したラウムという車があったのですが、それほど売れませんでした。地味な車ですが、ハッチバック風なのにハッチゲートではなく横開きだったり、トヨタらしからぬ変てこな車です。ユニバーサルデザインを徹底した結果変てこな車になってしまったのだと思いますが、JPNタクシーの源流のようなものが感じられます。

ラウムが売れなかったことを考えるとJPNタクシーの一般向けも販売はないのでしょう。JPNタクシーのようにセダン風にしたらカローラやプレミオに乗っている客層、お年寄りや社用車に受け入れられたりしないでしょうか?特にカローラが3ナンバー化されると言われますが、いまだに3ナンバーの社用車は儲かっている会社というイメージを持つ人がいるそうですから営業に使いづらいとか。後部座席に客を乗せることもあるでしょうから社用車の需要はありそうな気がします。

JPN TAXIはタクシー運転手の負担を減らすために見切りがよく運転していても疲れにくいそうです。試しに運転してみたいものです。