ホンダはEVにFFは必要ないと考えているっぽい

car.watch.impress.co.jp

この記事ですが、次世代EV用パワートレーンとされるものの写真を見るとフロントドライブユニットにはAWD用とついています。
リアドライブユニットには特に但し書きのようなものがついていません。
ということは、FFに相当するEVは作らないのでしょう。
実際、今度発売される「Honda e」はリアドライブとなっています。

ホンダ e、モーターは最大出力150馬力に…最新プロトタイプの画像 | レスポンス(Response.jp)

リアドライブに150ps、最大トルク30.6kgmの組み合わせは中々すごいものになりそうですが(現行リーフとほぼ同じです)、問題は車重です。
現行のリーフは1500kg前後、e+になると1670kg。通常のものは40kWhのバッテリーでe+は62kWhのバッテリーとなっています。

バッテリーの重さは10kWhあたり80kg程度でしょうか。
「Honda e」の航続距離は200km以上となっているので、バッテリーはリーフよりも小さい30kWh前後かなと思われます。
そうなると車重は1400kgを切るくらい、1350kgだとしてもフィットよりも200kgも重くなります。

EVはバッテリーの分だけ車重が重くなるので、重い車を少しでも軽快に走らせるためにEVはリア駆動かAWDのどちらかを採用ということでしょう。

テスラもi-MiEVもリア駆動ですし、FFのリーフが珍しいだけなのかもしれませんが、コンパクトカーがリア駆動に回帰するのはなんとも面白いと思います。

次期アテンザはIS、RCと共用の可能性があるかもしれない

車雑誌にマツダの直6とプラットフォームをトヨタが使う確約をしている、みたいな記事がありました。
私はそれはないと考えています。
以下はマツダの直6とFRの組み合わせは次期IS・RCになるだろう、そんな妄想です。

雑誌ではマークXの後継としてFRになったアテンザ後継を当てるかもしれない、みたいな内容だったかと思います。

ちなみに、同雑誌はアテンザの後継は名前が変わるかもしれない(マツダ6ですらない)としきりに書いてあるのですが、それは間違いないと思われます。
というのは、アクセラマツダ3に変わるというのも何度も何度も繰り返し書いていて、それはマツダからの意図的なリークがあったから。

ならば、同じようにマツダからのリークでアテンザ後継をトヨタのエンブレムをつけて販売する可能性も高いように思えます。ただ、それはマツダにとっていい話だとは思えません。

マツダはフルモデルチェンジをする毎にメルセデスBMWと比較される車を目指しているように見えます。
また、同じトヨタ傘下のスバルはアメリカ寄りの質実剛健マツダEU寄りの質実剛健。本体のトヨタは日本的な質実剛健と棲み分けようとしているように見えます。
そうであれば、マツダのフラッグシップをトヨタと共有するのは考えにくい。

しかし、マツダのみで新規FRプラットフォームや直6の開発費用をペイ出来るかというと、それは冒険が過ぎるようにも思えます(これは雑誌にも書かれていて、それには同意します)。
ならば、やはり他メーカーへの供給を視野に入れている、前提としているのでしょう。
ただ、それはトヨタではない。別のブランドの方が適しているでしょう。
となると、考えられるのはドイツ車を意識しているレクサスへの供給では?

しかもタイミング的に次期アテンザはISとRCのフルモデルチェンジにちょうどいい頃合い。

レクサスのISとRCはさほど売れていませんが、それでもラインナップから外すことは考えにくく、(といっても、このクラスのセダンはこれからも売れる見込みもないので)トヨタらしく安くあげるためにマツダとの共用は十分に考えられると思います。
(レクサスのHSとトヨタのSAIは兄弟車でしたが、差別化が難しく売り分けが難しかった経験から、トヨタではないマツダとの共用なら多少は売りやすくなるだろうと考えたとしてもおかしくないでしょう)

トヨタ車が一台一億円を越える可能性

トヨタのGRスーパースポーツコンセプトが本当に販売されるかもしれません。

response.jp

ルマン24時間耐久レースを含む、WEC世界耐久選手権で2020年からハイパーカーというカテゴリーが作られることが決まりました。
トヨタは今年もLMP1というクラスで参戦していますが、ワークスは軒並み撤退してトヨタのみと寂しい状況。
そこで参戦しやすいハイパーカーというクラスを新設することになりました。純然たる競技用のLMP1とは違い、市販もされる超弩級スーパーカーをベースにしよう、というクラスです。

jp.motorsport.com

ベースとなるモデルは2年間で20台を製造することが条件となっているようです。記事によっては製造ではなく開発としているものもあり、販売するどころか実際に製造されるかどうかも怪しい気がしますが、トヨタは以前からやけに前向きだったので市販する可能性は十分にありそうです。
というのも、この規定とは別にハイパーカーと呼ばれるものがいくつか販売されたから。

メルセデス・ベンツAMGプロジェクトワンは1.6リッターのF1に使われるエンジンを採用したもので、アストンマーチンのヴァルキリー(AM-RB001)はV12で今回のハイパーカー規定にかなり合致していそうなもの。
マクラーレンのスピードテールはナンバー取得可能で最高時速が400キロを越えるとされます。
このように様々なメーカーが2億~4億円というとんでもない車を販売しています。

似たようなものとしては過去にホモロゲーション取得のため公道走行が可能なものを25台以上製造する必要があった、メルセデス・ベンツのCLK-GTR、ポルシェの911 GT1が販売されました。
販売はされませんでしたが、日産のR390も有名です。
ホモロゲとは関係なく作られたマクラーレン・F1はハイパーカーの元祖というべき存在かもしれません。

WECのハイパーカー規定には一番乗りのアストンマーチントヨタの他には耐久レースが得意なポルシェ、メルセデスの参戦の可能性は高いと思われます。

こういったハイパーカーか市販されるといっても、一般人にはまったく関係のないことですが、夢があっていいんじゃないかと思います。
トヨタのものはデモランくらい見られる機会はありそうですが。