新しいアイサイトは運転支援とは言うものの自動運転

夏のレヴォーグ、WRX S4のマイナーチェンジでアイサイトが新型に更新されます。新型アイサイトはレベル2の自動運転相当ですが、スバルは自動運転ではなく、あくまで運転支援としています。
ちなみに、現在のアイサイトはVer.3.0ですが、新型は4.0ではなく”アイサイト・ツーリングアシスト”という名前になります。4.0は2020年頃投入予定で、カメラだけでなくレーダーを併用するとされています。こちらは車線変更が可能になるとのこと。

www.subaru.jp


レベル2の自動運転は準自動運転とされ、操舵、加速、制動のいずれか複数を自動制御が可能な状態を指します。日産の新型セレナのプロパイロットやテスラのオートパイロットは自動運転レベル2としています。新型アイサイトもこれらと同等の機能と思われますが、スバルは自動運転ではなく運転支援と位置づけています。自動運転とはいえど、レベル2の場合は事故が起きた場合は運転者の責任となります。

新型アイサイトの変更点

車線中央維持機能は従来タイプが時速60kmからでしたが、新型では時速0kmからに。また上限は時速100kmから120kmとなっています。時速0kmからとなっているので、停止後もそのまま追従が可能になり渋滞時の運転が楽になりそうです。
従来のクルーズコントロールはアクセルとブレーキのみでしたが、車線中央維持機能でハンドルも自動に。高速道路ではハンドルに手を添えておくだけでよいことになります。

先行する車の減速、加速に対するレスポンスの向上。レスポンスが向上することで加減速がスムーズになりそうです。先行車の加減速に対する反応が早くなったということで、衝突被害軽減ブレーキについてもこれまで以上のものになっているでしょう。

国産車では初めてとなる後退時自動ブレーキシステムの搭載。車止めのない駐車場などではありがたい機能です。この機能により車両保険が下がるかもしれませんね。

新型アイサイトはかなり進化していると思われますので、レヴォーグとS4はマイナーチェンジを待つ方が絶対にいいでしょう。新型プラットフォームに新型アイサイトの組み合わせが今のところないのは残念ですが、この組み合わせは2018年といわれるフォレスターのフルモデルチェンジで実現しそうです。

日産プロパイロットとの違いは?

スバルが運転支援としていますが、日産はプロパイロットを自動運転と謳っています。
セレナに搭載されているプロパイロットは動作範囲が時速30~100kmとなっています。時速30km以下でも先行車がいる場合は動作が可能ですが、いない場合は車線維持機能は動作しません。

www.youtube.com


www.youtube.com

この比較を見る限りでは自動運転を謳うプロパイロットよりも実用性は高そうです。

まとめ

スバルは運転支援としていますが、高速道路では自動運転という感じで使えそうですね。

ぶつからない車を作れ アイサイト開発秘話

ぶつからない車を作れ アイサイト開発秘話

三菱がEVOを復活させるらしいので妄想してみた

三菱がEVOを復活させる予定があるそうです。

blog.livedoor.jp

6年後ということで、まだまだ先になりますが、どんなものか予想してみます。
現在の情報では

  • クロスオーバー

の2つがヒントとなりそうです。

モータースポーツへ参入するとしたら

三菱といったらラリーでしょう。WRCダカールラリー、ラリークロス、バハ1000、ラリーではありませんが、パイクスピークあたりの参戦が考えられます。スバルの後追いでニュルやマン島もありますが、クロスオーバーということなので外れるでしょう。

三菱が活躍したものはダカールラリーWRCです。
ダカールラリーならパジェロアウトランダーもあるので、WRCでしょうか。WRCに出るならBセグメントになります。最近人気があるラリークロスもBセグメントが多く使われています。

ということでBセグメントでしょう。

クロスオーバーということは

三菱のEVOはランサーの他にパジェロもありました。クロスオーバーになりそうという事から、2つのEVOの中間のようなものになるでしょうか。

そこで思い浮かぶのがギャラン・フォルティス スポーツバックです。もうちょっと全高を高くして、名前をSUVっぽくして、あと5年遅く生まれたら結構売れたんじゃないかと思うくらい、時代を先走った車です。せめて、長ったらしい名前をなんとかしていたら。
ただ、これだとサイズがちょっと大きすぎかなぁという気がします。

となると、最近の車だとトヨタのC-HRみたいな、もともとは日産のジュークから始まったあの系統が適当な気がします。

まとめ

日産のコンセプトカーにGRIPZというのがありますが、こんな感じじゃないかなぁと思います。Bセグメントのクロスオーバーなのでちょうどいいでしょう。

www.nissan.co.jp

このコンセプトカーはジューク後継と見られていますが、であればジュークの兄弟車でハイパフォーマンスモデルとして出るのでしょう。ただ、ジュークのモデルチェンジ時期を考えると、6年後の2023年は中途半端です。
ジュークは2017年末にもフルモデルチェンジと予想されているので、2023年頃にマイナーチェンジのタイミングとなるので、その時に投入ということでしょうか?

次期ジュークにもe-powerモデルが用意されると言われていますが、三菱バージョンにはPHVかEVだと面白いかもしれません。次期リーフにはNISMOバージョンがあるという噂もあり、年々厳しくなる法規制を考えるとEVやPHVのEVOの可能性は高いのではないかと思います。

Bセグメントのクロスオーバーはジューク、Q2、ミニクロスオーバー、クロスポロなど、ないこともありません(ミニクロスオーバーはほぼCセグメントですが)。こんなところに分け入ってくるものになるのかもしれません。

このような妄想をしましたが、三菱ブランドは小さい車ではなく、スバルのように、ある程度大きな車に集中するような気がするので、たぶんこの予想はハズレです。

もしかしたら新型シビックは8速DCT搭載モデルがあるのかもしれない

かつてWRCで4WDのWRカーを差し置いてシトロエンのFFが勝ったことがありました。99年にFFで2連勝という偉業を達成しましたが、その後のルール改正でFFはWRカーとは勝負ができなくなり、JWRCみたいなのが出来て面白くなくなったような気がします。
WRCはともかく、シトロエンのクサラキットカー並に新しいシビックType Rは早いのではないかと思わせます。

新型タイプRはニュルでFF最速ラップを記録しましたが、シトロエンキットカーがニュルを走ったらどのくらいのタイムが出たのでしょうか。ギヤ比を合わせたらそれなりのタイムを出すとは思いますが、シビックの方が早いのでは?なんて思ってしまいます。

新しいType RはFFの割によく曲がるようですが、全幅が拡大したおかげでしょう。
クサラキットカーは1830mmくらいらしいですが、タイプRはさらに広い1850mmだそうです。
ここまで全幅があると日常の運転は気を使いそうですが、全長は4500mmとそれほどでもないので、気にするほどでもないのかもしれません。この縦横比に近い車を知らないのでちょっと想像出来ませんが(パジェロのショートに近いサイズで、パジェロエボリューションの方が全幅が長く全長が短いですね)。

www.youtube.com

この動画の最後の方で触れている”黒い方の”は普通のセダンではなくSiのことでしょうか。8速という話しをしていますが、北米で販売されるSiはマニュアルのみで、普通のセダンはCVTのみ、ステップATはいずれも採用されていないのですが、これらとは別のものがあるのでしょうか?それともCVTをステップAT風にしたものを8速と表現しているのでしょうか。

ホンダは中型車用にトルコン付き8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を開発しているので、シビックにこれを搭載したものが出てきてもおかしくはありません。

タイプRはだいぶ持て余すので、ちょっと持て余すくらいのモデルがあったらいいかと思うので、8速DCTのシビックの登場に期待します。