ボルボが初採用した1.5リッター3気筒がこれから流行る理由

ボルボが3気筒の1.5リッターエンジンを搭載したコンパクトSUV、XC40を発表しました。BMWも既に3気筒エンジンを採用していて、3気筒の1.5リッターエンジンは今後高級ブランドでも採用が増えると言われるエンジンです。

response.jp

1リッター前後は3気筒、1.5リッター前後は4気筒が一般的でしたが、なぜ3気筒の1.5リッターか。それは1.5リッターから3リッターまで部品を使いまわせるから。1気筒あたり500ccで3気筒、4気筒、5気筒、6気筒と増やしていくと1.5リッター、2リッター、2.5リッター、3リッターとなり、明確にグレードをわけることが出来、売るのにも好都合。さらに1気筒あたり500cc程度が熱損失などが少なく最も効率がよいとされ1500ccはこれまでの4気筒から3気筒エンジンに置き換わりそうです。

6気筒は直列からV型に一時ほとんどが置き換わりました。V型の方が衝突安全性能を確保しやすい、8気筒のV8と部品の共用が可能などの理由がありました。しかし、ハイブリッドやダウンサイジングの流れは高級車にも及び、V8やV10といった大排気量エンジンが減ることから6気筒もV型をやめて直6にしてしまおう、というのが最新の流れ。実際、メルセデスは6気筒は全て直6に置き換えると発表しています。恐らく、3気筒の1.5リッターもAクラスなどに投入するでしょう。

3気筒の1.5リッターはヨーロッパ勢だけでなく、トヨタも開発を発表しています。トヨタは4気筒と3気筒で共通化するのが目的で、メルセデスのように直6を作るかどうかわかりません。これまで1.5リッターないコンパクトカーはダイハツのエンジンを採用していますが、トヨタが自社開発するので排気量の大きいエンジンに転用することを踏まえてのことと思われ、トヨタの直6復活もあるかもしれません。

日本では3気筒というと軽自動車のエンジンのイメージがあります。そのため高級ではないイメージが定着しているかと思います。実際、3気筒はエンジンの振動を小さくする(相殺する)ことが難しいとされ、高級志向のヨーロッパ勢は3気筒を避けてきました。しかし、最近ではBMWですら3気筒の1.5リッターエンジンを採用しています。高級車でも採用されはじめたことで、いずれ3気筒のイメージは変化するでしょう。

さらに1リッターは3気筒ではなく2気筒になるかもしれません。四輪で2気筒というとフィアット500のツインエアとスズキのインド向けくらいしか思い浮かびませんが、かつては軽自動車用に開発されたこともありました(結局販売しませんでしたが)。BMWメルセデスでの3気筒が受け入れられれば多少振動が大きくなったとしても(独特の音は好みが分かれそうですが)大衆車なら2気筒エンジンの採用もあるのでは?と考えています。

www.youtube.com

インド2030年完全EV化撤回でEV普及は遅れるか

インド政府が全車EV化計画を撤回しました。

www.nikkei.com

2030年にインド国内で販売される車を全てEVにするという計画でした。ヨーロッパなどで、ハイブリッドやプラグインハイブリッドを含む全車電動化はありますが、全車EV化は今回のインドの撤回により世界でもなくなったでしょうか。

インドのEV化は二酸化炭素削減というよりも、ガソリンの輸入を減らすことが目的のようですが、いずれにせよ早急過ぎるという判断のようです。他にもインドメーカーがEVを製造するには2030年は早すぎる目標だと捉えたのかもしれません。

ところで2030年でEVのシェアは全体の3割程度という予測があります(ハイブリッドとプラグインハイブリッドとEVがそれぞれ1/3ずつという予測)が、そんな感じなのかなぁという気がします。内燃機関のエネルギー変換効率は最新の火力発電所並ですので、ガスや原油に頼らない発電を確立していかない限りはEVにする意味は音や振動、加速などに留まり、二酸化炭素排出量やエネルギー資源の安定確保など政治で解決すべき問題にまで及ばないものと思われます。国策として今すぐEVへの転換はまだ目処がつく段階にないのでしょう。

急激なEVの普及はちょっと考えにくいものの、じわじわと増えるのは間違いないものと思われます。それは、エンジンの音や振動がなくなり、モーターのトルクによる加速性能の向上、部品点数が減ることで故障が少なくなり、維持費用が安くなるなどのメリットは今でもあるからです。もちろん航続距離や充電時間、充電施設の問題などがあり、EVのメリットとデメリットを天秤にかけるとデメリットが目立つと判断する方が多いだけで、次第にデメリットが少なくなりEVのメリットの方に注目する方が増えるでしょう。

ヴィッツは2019年になくなる可能性が高いらしい

ヴィッツトヨタのコンパクトカーで、アクアが出てからは存在感が薄くなってしまいました。その影響かヴィッツがなくなるかもしれないとか。
なくなるのはヴィッツという名前。ヴィッツを止めてヤリスに変更するようです。ヤリスという名前がどこから出てきたのかというと海外。海外ではヤリスという名前で販売されていて、去年から参戦しているWRCでもヤリスWRCの名前を使っています。そこでヴィッツを止めてヤリスに統一しようということです。

名称の変更は、WRCへの参加はしばらく続ける事が(恐らく)決まったこと、アクアに押し出されてヴィッツの存在感が薄くなったこと、などの理由があるかと思われます。
現行は3代目でマイナーチェンジで顔を変え、ハイブリッドも投入するなどのテコ入れがありますが、以前ほどは見かけません。次のフルモデルチェンジでフィットやノートに対抗すべく名前を変えて心機一転ということでしょう。
では次のフルモデルチェンジがいつなのかというと、早ければ2019年にも行うでしょう。3代目は2010年から販売されているので、ちょっと遅いくらいですが。

注目はストロングハイブリッドにするか、ヨーロッパで主流となりそうなマイルドハイブリッドを採用するか。
トヨタがわざわざマイルドハイブリッドを採用する必要はないような気もしますが、ヨーロッパ市場での販売や全グレードにハイブリッドを設定するのであればマイルドハイブリッドの採用もあり得るような気がします。ストロングハイブリッドよりも小型で軽量にになることを考えると悪い選択ではないと思いますし、アクアとの住み分けもわかりやすくなりそうです。

また、48Vマイルドハイブリッドの部品を生産しているドイツのボッシュは2019年から日本メーカー向けに出荷を始めると発表していますので、ヴィッツ(ヤリス)のフルモデルチェンジのタイミングとちょうど一致。
ちなみに、日本メーカーで48Vマイルドハイブリッドを採用すると言われているのがマツダとスズキです。次期アクセラはSKYACTIV Xという新しいエンジンを採用予定ですが、このエンジンは構造上マイルドハイブリッドと併用すると思われ、次期アクセラは48Vマイルドハイブリッドを採用するのはほぼ間違いないでしょう。

次のヴィッツ(ヤリス)はヨーロッパ主導の開発となり乗り味もフランス車風になるのではないかぁなと予想しています。そうなるとトヨタっぽくない車になるかもしれません。