僕が考えた東京モーターショーが復活する最強の方法

フランクフルトモーターショーは盛り上がっていそうなのに東京モーターショーは盛り上がりそうにありません。
上海モーターショーだって盛り上がっているのに東京モーターショーは。
ということで、東京モーターショーが盛り上がるように最強の方法を考えました。

超スゴイ車

やっぱり目玉となる超スゴイ車を発表すべきです。
海外のモーターショーではスーパーカー、それを超えるハイパーカーが発表されるのに東京モーターショーにはそれがない。
日本メーカーはあくまで実用車の粋で、それを超える戦略が不足しています。
(ドイツメーカーはその点で優れていますし、ボルボはポールスターで新しいイメージをもう一つ作った感があります。国内メーカーもレクサス、アキュラ、インフィニティとやりましたが、吹っ切れず、ただの高級バージョンに留まっています)
そこで僕が考える最強の日本の超スゴイ車ですが、ズバリNSXをセダンにする。
ホイールベースを40センチくらい伸ばしてエンジンをなんとかして30センチくらい後ろに置いて、全長を5mちょっとにすれば4人乗りに出来るでしょう。
あとトヨタはセンチュリーGRMNを販売すべき。後部座席に社長を載せてケン・ブロックがドリフトしたPVを作れば007最新作にも採用されて絶対に売れます。

SUVセダン

現実的にはセダンの強化でしょう。
中国市場も北米市場も南米市場もセダンは手堅い人気がありますが、国内ではセダン不遇の時代が続きます。
東京モーターショーが世界的に注目されない場になったのは、日本国内市場の需要(ハイトールワゴンなど)と海外の需要が乖離してしまったことが原因の一つと考えられます。
一方で世界的にもSUV人気の流れはまだまだ続きそうです。
そこで国内でも人気のSUVと世界的に根強い人気のセダンを組み合わせたSUVセダンを国内メーカーが発信すべき!
メルセデスBMW、最近ではアウディがQ3スポーツバックを発表しましたがSUVクーペは既に人気があります。
ならばSUVセダンも人気になるはず。
作るのは日産、三菱、スズキあたりがいいでしょう。
スバルがXVのセダン、B4のアウトバックを作るのが現実的だと思うのですが、出ないでしょうね(アウトバックのセダンは昔ありましたが時代がスバルに追いついてなかった!)。
スバルのVIZIV ADRENALINE CONCEPTはSUVクーペ的なものになるそうですが、今からでも遅くないと思うのでWRXベースのSUVセダンにしてください。

左ハンドルのKカー

日本で売れるのは軽自動車ばかり、これを逆手に取って海外でも販売しやすいように軽自動車を左ハンドルで作るはどうでしょうか?
国内では未だに左ハンドル信仰みたいなものもありますし、軽自動車でもドヤりたい層には人気が出るはず。
コペンやS660はもちろん、左ハンドルのN-BOXをアルヴェル風にカスタマイズとかいいんじゃないかと思います。

EVのトランスミッションは普及するのか

ポルシェが電気自動車のタイカンを発表しました。
car.watch.impress.co.jp
このタイカン、市販電気自動車としては初めてトランスミッションを装備しています。
これまでの電気自動車は変速機がない状態でした。エンジンしか持たない車が一速しかなければまるで実用的じゃありませんが(常に二速発進するとしても二速だけでも実用的な車になりません)、電気自動車の場合、モーターのトルクは回りはじめた時に最大となるので一速や二速は不要です。
さらにエンジンよりも回転数を高くすることが出来るので四速あたりも不要。
逆に電気自動車には五速、六速に相当するものがないのでスピードを上げるほど燃費(電費)は悪くなります。
制限速度のないアウトバーンのドイツでは物足りないと考えたのでしょうか、ポルシェはタイカンに市販電気自動車としてはじめて二速を装備させました。
そのトランスミッションはZF製で、70km/h以上で二速に入るそうです。
日本の場合、高速道路を除けば制限速度の上限は60から80km/hですので、下道で走る分には電気自動車に二速は不要かもしれません(重量増で燃費が悪くなってしまいますし)。
ちなみにタイカンの最高時速は260km/hとのことです。
それに、今のところは航続距離がカタログ値でも400km程度なので、高速を使った移動も少ないでしょう。
なので、電気自動車ではトランスミッションが普及するのはまだ先で、航続距離が延びてからなのかなと思います(もしくは充電時間が十分に短くなってから)。
ただ、もしかしたらPHVでの採用はあるのかもしれません。
ポルシェのようにブランドイメージからトランスミッションが必要になる場合を除けば、多くの電気自動車では今のところ必要ないのかなと思います。

日産はどうなるのか

ルノーとの関係を見直すというニュースがあります。
www.sankei.com

ルノーとしては日産が言うことを聞いてくれないことに苛立ち、日産としては逆転してしまった力関係を適切なものにしたい、と考えているでしょう。
ルノーが日産への介入を諦めて、フランスの工場稼働率を維持できればそれで収めるというのであれば、日産も満足かなと思いますが、出資比率の関係で日産の思うようにはいかない気がします。
ルノーが出資比率を下げるというのも考えにくい。
そこに来て西川社長のスキャンダルと退任。
ところで西川社長は国内市場重視を挙げていました。たまたまベストカー
は日産特集で国内市場にいくつかの車種を新投入するだろうと書いてあります(西川社長問題には間に合いませんが、それでも結構悲観的なことも書かれていて面白かったです)。

ベストカー 2019年 10/10 号 [雑誌]

ベストカー 2019年 10/10 号 [雑誌]

キックスとキューブ後継

一つはブラジルや北米で販売されているキックスです。キックスは北米ではジュークの後継なのでジュークと競合するキックスを導入するのかなぁと疑問がありますが、ジュークより普通のデザインで少し廉価になると思うので、ジュークとキックスの二本立ては上手くいくのかもしれません。
もう一つはキューブ後継が存在するというもの。
本当に出るとしたら、カングーのフルモデルチェンジにあわせて日産バージョンを作るのかもしれません。
それか東南アジアなどの市場を考えてソリオやルーミー(タンク)など、従来のキューブよりも下のクラスのものにするか。
フリードやシエンタなどのハイトールはいずれ日本国外でも売れるようになると思うので、キューブ後継を作るのは将来的にプラスになると思います。

FCAとの提携

フィアット・クライスラー・オートモービルズとの提携が再び出てきたようです。一度はルノーとの間で破談になったようですが、今度は日産もいれて模索しようということのようです。
電動化や自動運転で開発費用ばかりかかるので、どのメーカーも提携を進めています(国内ではホンダにだけお見合い相手がいないので不安視されていますが、なんだかんだ言ってもなんとかなるような気がします)。
とにかくルノー(フランス政府)はフランス工場を動かすことを大切にしているので、FCAとの提携は渋くなるような気がしますが。

まとめ

日産は売れている車種が地域によってはっきりとしているので割り切っていましたが、今になってそのツケが回ってきた感があります。
しばらくの間は厳しいのかなぁと思います。