ついにEVがパイクスピーク総合優勝を狙えるかも

パイクスピークでフォルクスワーゲンがEV最速ラップを狙っています。

car.watch.impress.co.jp

パイクスピークというのは山登りレースですが、標高2,862mから頂上まで標高差1,439mを駆け上がるというメチャクチャなレースです。
様々なクラスがありますが、アルティメットという制限の(ほぼ)ないクラスが名物です。過去にはエンジンを前後に2つ搭載した車もありました(モンスター田嶋のカルタスやエスクード)。そのくらいレギュレーションがゆるいクラスです。

レギュレーションが緩いならより大きなエンジンを積めばタイムが出るのでは?という気もしますが、そう簡単ではありません。というのも、標高が高く、ゴールに近づくほど酸素が薄くなるため平地でのレースとはだいぶ違うそうです。進めば進むほど大きなエンジンは重りになってしまいます。

一方でEVの出力は酸素濃度(大気圧)に依存しないのでパイクスピークではEVが最速タイムを更新するのでは?と言われていましたが、現在のところ、EV最速タイムは8分57秒とまだまだです。といっても、これもずいぶん速いのですが、現在までの最速タイムは驚異的です。

パイクスピークでの最速タイムは2013年のプジョーによる8分13秒です。ドライバーはセバスチャン・ローブでした。

www.youtube.com

パイクスピークはこの前年、2012年に頂上まで全てが舗装路となり、2013年からスリックタイヤの使用が認められました。路面状況とスリックタイヤの組み合わせで2013年がもっともタイムが出やすかったといわれ、その後は明らかに最速記録更新を狙う勢力がなくなりパイクスピークがちょっとつまらなくなってきました(頂上まで舗装された時点でつまらなくなった、という意見も沢山あります)。プジョーは最良のタイミングを狙ってタイムを出したのは間違いないでしょう。

フォルクスワーゲンが参戦予定の車はパワーウエイトレシオが2013年のプジョーに近いものになっているので酸素濃度によるハンデがないと考えればEVでもプジョーの記録に近いところまで狙えるかもしれません(最高出力は報じているサイトによってかなり差があるので全然かもしれません……)。
といっても標高が高くなることでバッテリーが冷えて出力が落ちるかもしれませんし、パワーウエイトレシオが同じなら車両重量が軽い方が有利でしょうから車重の重いEVはまだまだかもしれません。

とは言え、エンジン勢の気合と比べEVはガチ勢が増えてきました。この辺でEVによる初の総合優勝でまたパイクスピークが注目される切っ掛けになればと思います。

N-VANとハイゼットキャディーを比較

ホンダが以前から噂されていたN-VANのテザーサイトを公開しました。

www.honda.co.jp

噂通りにN-VANはFFの軽バンで、助手席側のBピラーがない構造になっています。

FFの軽バンにはダイハツハイゼットキャディーというものがありますが、こちらは定員2名に対し、N-VANの方は後部座席やシートベルトから4名に見えます。

www.daihatsu.co.jp

また、ハイゼットキャンディーと画像を並べてみるとN-VANの方がハンドルの位置が前にあるので荷室スペースは若干長いと思われます。せいぜい5センチから10センチ程度で、コンパネなどは積めないので使い道が広いというほどではないかと思われます。

f:id:pigumii:20180420193222j:plain

ルノーのカングーのような感じでガラス面積が抑えめなので、開放感はハイゼットキャディーの方が上でしょうか。

ハイゼットキャディーはAピラーの後ろに大きな三角窓のようなものがある一方でN-VANにはそれがないので、視界はN-VANの方がだいぶいいでしょう。後部座席と併せ、使い勝手はN-VANの方が上になりそうです。

N-VANのBピラーレス構造は場合によってはN-BOXにも導入予定と言われていますが、N-VANは実質的なバグフィックスでクレームや事故の際の影響などを調べるんだろうと思います。なので、現状ではN-VANの完成度はそれほど高くないような気はします。商用車なのでマイナーチェンジも期待薄なので割り切りは必要でしょう。

それでもホンダお得意の低床も期待できますし、簡素な装備でも我慢出来るならN-VANは従来の軽バンとは違う用途に期待してもいいのでは?

衝突安全性を確保するためにボンネットのないキャブオーバーは消滅する方向なので、その点においてもN-VANが成功するかどうかは注目です。

マフラーから白煙がモクモクはオイルが燃えている

たまにトラックで見かけますが、マフラーから白い煙がモクモクと出ている事があります。マフラーからは水蒸気も出てきますが、それとは明らかに違うモクモクとした白煙です。マフラーから白い煙が出る場合はオイル上がりかオイル下がりが考えられます。

オイル上がりというのはエンジンオイルの管理が不適切(オイル交換を怠る、遅い)などで、エンジンのシリンダーとピストンのクリアランスが大きくなりすぎてエンジンオイルが燃焼室に入り込み、オイルが燃えてマフラーから白い煙が出てきます。
オイル下がりはオイルシールが劣化してオイルが漏れている状態です。漏れたオイルが燃焼し、やはりマフラーから白煙がでてきます。
ただの水蒸気とは違いオイルが燃えた煙なので、しっかりとした煙で焦げたような匂いがする場合もあります。
オイル上がりの場合はシリンダーやピストンが摩耗したり傷がついた状態なのでオーバーホールやエンジンの載せ替え、オイル下がりの場合は緩和する添加剤で一時しのぎが出来ますが、オイルシールの交換が必要です。

いずれにせよ、オイルが染み出して燃焼室に入り込んだオイルが燃えたものが白煙の正体です。オイルが少しづつ燃えているので、エンジンオイルが次第に減っていきます。
それほど状態が悪くなければ、オイルの粘度を高いものに交換すると多少は改善します。粘度が高くなり隙間に染み込みにくくなるからです。

昔あった2ストのバイクはオイルを燃やして走るので白い煙が出ますが、車から白煙が出ている場合は状態がかなり悪くなっています。基本的には過走行、経年劣化が原因なのである程度はしょうがないので諦めて乗り換えるのも考えた方がいいかもしれません。