読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後付けの自動ブレーキはまだないけれど、急発進防止装置が人気です

オートバックスの急発進防止装置「ペダルの見張り番」が人気だそうです。

www.youtube.com

時速10km/h未満の状態でアクセルを強く踏むとエンジンの回転数を抑え急加速を防止
するという装置です。踏み間違いの事故は駐車場などの発進時や低速度で起こることが多いので、全てではないものの踏み間違いによる事故をかなりの割合で防いでくれることが期待できます。

効き目は3段階にあわせて、運転者の踏み方の癖にあったものを選べるというのは使いやすそうです。車によってカックンブレーキになりやすいもの、ちょっと強めに踏まないと効き始めないものがありますが、そういった車の癖の違いにも対応出来そうです。ちなみに対応車種とそうでないものがあるので、要確認です。

www.autobacs.com

走行中の急ブレーキを踏み間違えて急アクセルというタイプの事故には対応できませんが、可能性を減らすという意味では導入の価値はあるでは?
気になるお値段は本体と取付工賃込みで43,198円とのこと。新車なら自動ブレーキのオプションは5万~10万円程度で、これらと機能を比較すると安くはありませんが、買い替えの予定がしばらくない、自動ブレーキのためだけに買い替えを考えているのであれば検討の価値は十分にありそうです。

ダイハツは先日、後付の衝突被害軽減装置の開発を表明しています。現状で自動車メーカーが後付の自動ブレーキに言及しているのは恐らくダイハツのみですが、踏み間違いによる事故は世間の感心が非常に強いので自動ブレーキや急発進防止装置の開発が行われるかもしれません。

自動運転が普及すると自動車修理が多くなる?

開発競争が熱い自動運転ですが、自動運転が普及すると修理工場が忙しくなるという考えがあります。どうしてでしょうか?

まず、自動運転、特にレベル4やレベル5のハンドルやアクセルの必要のない人間が運転に関与しないものが増えると車の台数は減ると考えられています。
というのは、自動運転の車は自家用、一家に一台ではなく、シェアして使うようになるのではないかと予想されるため。

現在、自家用車が稼働している時間は平均すると1日のうち1時間に満たないとされています。自家用車は走っている時間よりも止まっている時間の方が圧倒的に長い。これではもったいない!

自動運転車はUberカーシェアリング、運転せずに乗っているだけと考えればタクシー、バスのように使って稼働率を上げよう、と考えられています。効率よく使うことが出来れば自家用車は現在の40%程度で済むという試算もあります。車の台数は減るものの、1台あたりの走行距離はぐっと長くなります。そこで自動車修理工場が忙しくなるのでは?というわけです。

ちなみに自動車整備士は現在なり手が少ないそうです。AIなどにより無くなる職業が話題ですが、自動車整備士今のところ安泰といえそうです。

自動運転までいかなくてもUberのような仕組みが日本でも解禁されれば10年10万キロという使い方から10年20万キロ、30万キロとなるかもしれません。そうなると、やはり自動車修理工場は忙しくなりそうです。Uberのような配車サービス解禁を見越して耐久性で車選びをするのも気が早くないかもしれません。

ブレーキが効かない原因は意外と単純?

ブレーキを踏んでも効かない!というケースはほぼないと思いますが、ブレーキペダルが何かに引っかかって踏めない、という状況は少しですがあるようです。

ブレーキペダルに引っかかるものとして有名になったのがフロアマットです。厚手のフロアマットを固定せずに使いブレーキペダルの根本に引っかかりブレーキが踏めずに事故が起こったことで有名になりました。
社外品は出来れば使わない方がいいと思いますが、どうしても変えたい時はフロアマットは必ず固定します。

フロアマット以外では缶やペットボトルです。飲み物が入った缶やペットボトルをホルダーに入れ損ない運転中なのでほっといたら転がってブレーキの下に入り込む、という事故はあり得なそうに思われるかもしれませんが、時々起こる事故です。

ブレーキペダルの下に入り込むのは缶やペットボトルだけではありません。様々なものがペダルの下に入り込む可能性がありますので、十分に注意してください。