同じ水没でも原因によっては車両保険が使えない

水没した車は車両保険が使えるのか

水没した車は廃車にする場合もありますし、修理して使えるようになる場合もあります。電装系はほぼ全て駄目になると思いますが、エンジンの中に水が入らなければ(冠水状態でエンジンをかけなければ)修理は可能なケースが多いかと思います。といってもシートを乾かしても匂いが残ったりするので廃車にすることが多いようです。ちなみに中古車の中には水没車もあり、その場合は修復歴は”あり”になります。
そんな水没した車ですが、車両保険が使える場合と使えない場合があります。
洪水や台風による高潮による水没は車両保険が使えますが、地震による津波での水没は車両保険が使えない、というのが一般的です。ちなみに地震だけでなく噴火も車両保険が効きません。保険会社によりますが、東日本大震災を受け現在は地震津波・噴火に対する一時金を給付する特約が用意されています。

車両保険が使える・使えないの差は

自然災害によって車両保険が使える場合と使えない場合がありますが、基本的には予測可能な自然災害に対しては車両保険が使えません。例えば津波の場合は、揺れから津波到着までに避難する時間があるので車両保険は使えないという考え方です。津波より高潮の方が避難しやすいような気もしますが、基本的な方針として地震関連と噴火関連は車両保険が使えません。地震による火災は火災保険が適用されないので地震保険に別途加入する必要がある、というのと同じと考えるといいかもしれません。
また、車両保険にはフルカバータイプからエコノミーまで2から3種類用意されますが、台風や大雨などの自然災害はどのタイプでも保証されます。自然災害で車両保険を使った場合、3等級ではなく1等級ダウンとなります。

全損にならないケースも

水没してエンジンがかからなくなった車に車両保険が使えるとしても必ず全損扱い、車両保険が満額下りるわけではありません。駐車中の車が浸水してある程度水に浸かったものは保険会社も全損と判断することが多いようです。しかし冠水したところに突っ込んでエンジンに水が入ったようなケースでは全損扱いにならない、車両保険が満額下りないケースが多いようです。
多少の冠水でも走ることは出来ますが、エンジンやトランスミッションに水が入り込むことがありますし、ファンやラジエターが故障するので冠水した道路で車を走らせるのはやめた方がいいです。