スバルが4ドアセダンでニュル最速タイムを目指した目的とは?

WRX STI・タイプRA NBRスペシャルで6分57秒5。見事、4ドアセダン最速タイムとなりました。
2016年のマン島の時と同じようにプロドライブが作成したマシンで、内容もこの時のものに近いと思われます。

response.jp

アルファロメオ、ジュリア・クアドリフォリオが2016年9月に当時4ドアセダン最速タイムを更新して、この時のタイムが7分32秒。
ジュリア・クアドリフォリオは2.9リッターのV6エンジンで510馬力ほど、ボンネットはカーボン製。M2とのサーキット走行比較動画がありましたが、その時はM2よりも速いという実力派です。

4ドアセダンのタイムは他にポルシェのパナメーラによる7分38秒というのもあります。ちなみにホンダのシビックTYPE RはFF最速タイムで7分43秒80。シビックに抜かれたルノーは次期メガーヌRSで7分30秒台を目指すとされます。

ジュリア・クアドリフォリオタイムアタック動画をみると、ずいぶんゆるい感じです。今回のスバルのタイムアタック動画は公開されていません。

なぜニュルで4ドアセダン最速タイムを目指したかというと、WRX STI・タイプRA NBRスペシャル(S208?)を発売する予定なので、そのプロモーションのようなものでしょう。今回のものと同等のものを市販するとは思えませんが、カーボンルーフやエアロなどは期待できそうです。
NBRスペシャルはスバル100周年の記念としてこれまでのものよりも、(S208とは別に)ゴージャスなものになるのでは?という予想もあります(380馬力になる!なんてのは与太話だとは思いますが、100周年ということで可能性はあるかもしれません)。S208を超えるスペシャルモデルが市販された場合、アルファロメオのタイムを抜くことができるのかどうかも気になるところです。