ファブリーズではとれない車の中のしつこい臭いをとるには?

最近は車でタバコを吸わない人も多くなりましたが、それでもタバコの臭いが染み付いた車もまだまだあります。タバコを吸っていたけど禁煙して車の臭いが気になる、知り合いから買った車がタバコ臭い、などなど。

また臭いはタバコだけではありません。車内で嘔吐した場合に臭いが残ることもあります。ペットが粗相することもありますし、カビの臭いもあります。体臭が強い方はその臭いも車内に染みつくこともあるようです。

夏は臭いが気になる季節ですので、車の中の臭いとりについて。

クレベリン

中古車屋が買い取った車のタバコ臭を取り除くために使うのがクレベリンです。クレベリンは二酸化塩素を発生させて、菌やウイルスを除去する商品で、インフルエンザが流行る季節にドラッグストアに置かれていますが、消臭効果もあります。

臭いの元により消臭効果は異なるそうですが、アンモニア臭、タバコ臭、ペット臭などにはかなり効果があります。特にタバコの臭いに効くことから中古車業者がよく使う方法がこれです。

クレベリンスプレー 300ml

クレベリンスプレー 300ml

クレベリンには置いておくタイプとスプレーがあります。車内のシートなどに染み付いたタバコ臭は置いておくタイプをしばらく放置、灰皿などにはスプレーを吹きかけてしばらく置いておくと臭いがとれます。またクレベリンを置いた状態でエアコンを付けることでエアコンからの臭いもとれるので、臭いをとる時はエアコンか送風を手動でオンにします。

ちなみにデンソーは車両用クレベリン発生装置を販売しています。整備工場などでこれを使って臭いをとるサービスを行っているところもあります。

www.denso-sales.co.jp

ちなみに、特殊清掃で臭いをとる時は、二酸化塩素かオゾンを使うそうです。クレベリンも二酸化塩素なので、いかに強い脱臭力なのかわかると思います。

プラズマクラスター

シャープのプラズマクラスター発生装置は臭いとりに非常に効果があります。様々なタイプが売られていますが、カップホルダーに置く車載タイプは人気があります。最近はタクシーにもこのタイプを使用することがあるそうです。

据え置き型の空気清浄機とは違い小型のため力は少し弱めです。空間が広くなるワンボックスでは十分な能力とは言い難いので、後部座席でUSBが使えるのであればシガーソケットと後部座席のUSBとで2つ使うのもいいかもしれません。

まとめ
ファブリーズを1本使うよりもクレベリンがオススメです。ファブリーズよりも高くなりますが、臭いのとれかたは全く違います。