三菱がEVOを復活させるらしいので妄想してみた

三菱がEVOを復活させる予定があるそうです。

blog.livedoor.jp

6年後ということで、まだまだ先になりますが、どんなものか予想してみます。
現在の情報では

  • クロスオーバー

の2つがヒントとなりそうです。

モータースポーツへ参入するとしたら

三菱といったらラリーでしょう。WRCダカールラリー、ラリークロス、バハ1000、ラリーではありませんが、パイクスピークあたりの参戦が考えられます。スバルの後追いでニュルやマン島もありますが、クロスオーバーということなので外れるでしょう。

三菱が活躍したものはダカールラリーWRCです。
ダカールラリーならパジェロアウトランダーもあるので、WRCでしょうか。WRCに出るならBセグメントになります。最近人気があるラリークロスもBセグメントが多く使われています。

ということでBセグメントでしょう。

クロスオーバーということは

三菱のEVOはランサーの他にパジェロもありました。クロスオーバーになりそうという事から、2つのEVOの中間のようなものになるでしょうか。

そこで思い浮かぶのがギャラン・フォルティス スポーツバックです。もうちょっと全高を高くして、名前をSUVっぽくして、あと5年遅く生まれたら結構売れたんじゃないかと思うくらい、時代を先走った車です。せめて、長ったらしい名前をなんとかしていたら。
ただ、これだとサイズがちょっと大きすぎかなぁという気がします。

となると、最近の車だとトヨタのC-HRみたいな、もともとは日産のジュークから始まったあの系統が適当な気がします。

まとめ

日産のコンセプトカーにGRIPZというのがありますが、こんな感じじゃないかなぁと思います。Bセグメントのクロスオーバーなのでちょうどいいでしょう。

www.nissan.co.jp

このコンセプトカーはジューク後継と見られていますが、であればジュークの兄弟車でハイパフォーマンスモデルとして出るのでしょう。ただ、ジュークのモデルチェンジ時期を考えると、6年後の2023年は中途半端です。
ジュークは2017年末にもフルモデルチェンジと予想されているので、2023年頃にマイナーチェンジのタイミングとなるので、その時に投入ということでしょうか?

次期ジュークにもe-powerモデルが用意されると言われていますが、三菱バージョンにはPHVかEVだと面白いかもしれません。次期リーフにはNISMOバージョンがあるという噂もあり、年々厳しくなる法規制を考えるとEVやPHVのEVOの可能性は高いのではないかと思います。

Bセグメントのクロスオーバーはジューク、Q2、ミニクロスオーバー、クロスポロなど、ないこともありません(ミニクロスオーバーはほぼCセグメントですが)。こんなところに分け入ってくるものになるのかもしれません。

このような妄想をしましたが、三菱ブランドは小さい車ではなく、スバルのように、ある程度大きな車に集中するような気がするので、たぶんこの予想はハズレです。