ついにニュル最速市販車がEVに!

NextEVという上海のEVメーカーがニュルで市販車最速タイムを更新したというニュース。

jp.autoblog.com

これはEV縛りではなく、市販車という縛りのみ。市販車といっても今回のNIO EP9は148万ドルということなので、量産市販車というとちょっと違う気もしますが(それでも既に6台が販売されている!)、EVもここまで早くなっているのは驚きです。

www.youtube.com

ニュルだけでなく、そろそろパイクスピークの総合優勝もEVになるかもしれません2017年から改造EVクラスがなくなりアンリミテッドに吸収され、いよいよエンジンとEVが同等のスピードまで来たということでしょうか。

2016年の総合優勝は8分51秒445でエンジン、2位は8分57秒118でEVでした。ちなみにコースレコードは2013年のセバスチャン・ローブが乗ったプジョー208 T16 Pikes Peakの8分13秒878。この年はコース全体が舗装されて2年目、初めてスリックタイヤの使用が認められた年。それ以降は路面が荒れてきているらしいので、タイムが出る一番のタイミングではありますが、驚異的なタイムです(2013年の総合2位は9分02秒192だったのでコンディションを差し置いても驚異的なタイムです)。

パイクスピークは標高差が約2000mもありますが、標高が高いほど酸素は薄くなります。ガソリンエンジンとは違いEVの出力は酸素濃度に依存しないので、パイクスピークはEVが有利になるのではないか?と言われていましたが、今年はどうなるでしょうか。