読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホンダがフィトとグレイス、マイナーチェンジでホンダセンシング搭載

ホンダがフィットとグレイスのマイナーチェンジについてサイトで告知を行っています。マイナーチェンジ後の詳細はディーラーに行くと教えてもらえるそうです。マイナーチェンジについてはディーラーで教えてもらえることは珍しくありませんが、本体がはっきりと発表することでディーラーも営業しやすくなるでしょうね。

飽きっぽいというか堪え性のないホンダですが、マイナーチェンジ後のフィットとグレイスの画像を見る限りでは、現行とそれほど大きくは変化せずジェイドやフリードなどと同じフロントフェイスの路線で行くようです。日本向けについては詳細が発表されていないシビックのような、ムキムキというかガンダムのような感じからは離れるようで、私としてはいいんじゃないかと思います。

Honda | コンパクトセダン「GRACE(グレイス)」の改良モデルをホームページで先行公開


グレイスは今となっては貴重な5ナンバーサイズのセダンですが、スポーティーさを強調するようです。5ナンバーサイズのセダンのユーザーは年配の方が中心のような気がしますが、若い人にも向けて売っていこうということでしょうか。

Honda | 「FIT(フィット)」の改良モデルをホームページで先行公開

グレイス、フィットともに衝突被害軽減装置、ホンダセンシングの搭載が大きな改良点です。特にフィットでは待望というか、やっとの搭載です。ホンダセンシングは他のメーカーの自動ブレーキと比べるとその性能はやや劣るというのが今までの評価でしたが、フィットに搭載されるものは改良されのか気になるところです。

今のところ公開されている画像ではコンビシートが気になります。外装にはツートンカラーが増えていますが、内装では珍しいような気がします。ホンダはN-BOXなどでツートーンを採用していますが、フィットでもルーフ部分の色を替えた限定モデルなんてのも考えているかもしれません。