読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックでの駐車が下手な原因は?上手く止めるコツ、どんな練習方法がある?

苦手な方はとことんダメなのはバックでの駐車だと思います。トヨタや日産のインテリジェントパーキングアシストを使えば車が止めてくれますが、そのために車を買い換えるというわけにもいかないので、まずは練習でしょう。

www.youtube.com

周りのモノを目印にするのはやめた方がいい

教習所で縦列駐車を練習する時、教習所に設置してあるポールなどを目印にハンドルを切るように指導されるかもしれません。同じ要領で、家の駐車スペースにバックで止める時に目印を作り、ハンドルを切るタイミングにして上手くいくようになっても別の場所では目印がなく上手くいかないかもしれません。また目印のある場所でも車が代わると目印の場所が適切ではないかもしれません。駐車が上手くならない原因の一つはそんなとこにあるかもしれません。

目印で練習する方法は応用がきない可能性があるので(コツをつかんで上手くなる方もいるとは思います)、あまりオススメできません。駐車スペースの位置と車の位置を把握するような練習の方が上手くなります。

タイヤの位置を把握する

当たり前ですが車はタイヤで動かしています。車は必ずタイヤを起点にして動きます。タイヤが向いている方向にしか車は動きません、タイヤが動かない方向に車は動きません。狙い通りに車を動かすにはタイヤが今どこにあるのか、その位置をしっかり把握している必要があります。

前輪の位置は把握しやすいと思いますが、後輪の位置をしっかりと把握するのは案外難しいと思います。後輪の位置を把握出来るようになるとバックでの駐車の際にどんな風に車が動くのかイメージしやすくなります。タイヤの位置を把握するには、駐車場などの白線の上に左右両方の後輪をキッチリと止める練習をすると感覚がつかめるようになります。

車の位置をイメージとすり合わせる

私が大切だと思うのは、実際の車の位置と頭の中の車の位置を一致させることです。車の位置が把握出来ればハンドルを切ったままバックすればいいのか、そのままではぶつかるのか、ハンドルを切りすぎているのか、わかります。

実際の車の位置と頭の中のイメージを一致させる方法は簡単です。車から降りて状態を確認するだけ。駐車場に止める時、ハンドルを切って少しバックを始めた状態で一度止め、車から降りて状態を確認します。思っていた状態と実際の状態の違いがあればイメージが間違っていたことになります。これを何度か繰り返すと頭の中のイメージが実際と一致するようになってきます。

まとめ

駐車が下手な原因の一つは車をどんな風に動かしているのか、把握せずに車を動かしていることにあります。日産のアラウンドビューモニターのように俯瞰視点で車の状態がわかると駐車が苦手な方でもすぐに感覚がつかめます。アラウンドビューモニターやインテリジェントパーキングアシストが付いた車への乗り換えまでは車から降りて頭の中のイメージとすり合わせる練習が一番です。