読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ車が日本で売れないのはしょうがないけど、自動車関連で貿易赤字はいっぱい作っている

トランプ大統領が日本でアメリカの車が売れないのは不公平だ!という発言が話題です。確かにアメリカの車は日本では売れていません。原因は日本市場向けにローカライズされたものが販売されないことに尽きると思いますが、きちんと確認したいと思います。

日本国内での外車のシェア

都内では新車売上台数の16%が外車となっていて、山手線の内側は約半分が外車と言われます。日本全体で見れば、都内ほど外車が沢山売れているというわけではありませんが、外車のシェアは既に9.0%になっていて、ディーラーは10%まで行ける!と息巻いています。国内全体でもセダンにおいては国内メーカーは苦戦していて、アウディ、ベンツ、BMWのドイツメーカーが売れています。軽自動車やワンボックスは国内メーカーがほとんどなので、トヨタもホンダも日産もワンボックスや軽自動車ばっかり力を入れ、セダンは国内向けの5ナンバーサイズはどんどん減り北米向けの全幅1800mm以上のものが増えています。

www.jaia-jp.org

ここで確認すると日本から撤退したフォードは確かに売れていません。フォードの日本での販売台数はBMWの1割、ポルシェとそれほど変わらない程度です。フォードもフォーカスやフィエスタがゴルフ並に売れたらまた違ったのでしょうが、この辺はフォードといってもアメリカで作っていないと思うので売れたところでトランプ大統領の意図するところではありませんが。

自動車部品ではアメリカに対し貿易黒字

日本はアメリカからの自動車に輸入に関税をかけていません。0%です。一方アメリカは35%となっています。そのため日本メーカーはアメリカ向けの多くはアメリカ国内の工場で生産しています。全部がアメリカ国内で生産しているというわけではなく、日本からの輸出もあり2015年は自動車だけで約4.6兆円もあります。

自動車ほど額は大きくありませんが、自動車部品も沢山輸出しています。ご存知のように自動車産業は日本の基幹産業といえますが、それは自動車メーカーだけでなく、部品メーカーあってのものです。

JAPIA 輸出入統計


ここで確認してみると北米への自動車部品の輸出は北米からの輸入額を大きく上回っています。

アジアへの輸出額は北米よりも2割から3割ほど多いものの、輸入額もかなりあり、トントンとまでは言えませんが輸出額と輸入額の差はそれほど大きくありません。一方で対北米は輸入額は輸出額の約1割程度と、アメリカ側からみて1.6兆円の貿易赤字となっています。自動車や自動車部品だけをみるとアメリカは日本に対しい大きく貿易赤字を出しているといえます。ちなみにアメリカの貿易赤字全体は約50兆円で、その9%が対日本だそうです。

非関税障壁

TPPを批准する際に軽自動車の優遇が見直されるのでは?と言われていました。軽自動車は日本だけの規格で、外国メーカーの参入が難しいからです(各国に税的に優遇された規格がありますが軽自動車ほど参入しにくい規格はないでしょう。逆に言えば軽自動車は海外で販売しにくい日本限定の車なので、軽自動車の規格をAセグメント程度に緩和するという案が業界から挙がっているとか)。

フォルクスワーゲンのUP!やフィアットの500など、いわゆるAセグメントに分類される車種の中には軽自動車とあまり変わらないサイズのものでも自動車税は一気に高くなります。5ナンバー自家用の軽自動車は10800円に対し1リッター以下の普通車は29500円と一気に高くなります。

軽自動車という制度は国内メーカー優遇の非関税障壁であるとしてTPP以降は軽自動車の税金も上がるかと思いましたが、アメリカはTPPに参加しないことになったので、軽自動車も安泰でしょうか。

軽自動車の他にもう一つ、自動車重量税非関税障壁というわけではありませんが批判のある税金です。二重課税になっているので廃止すべしと言われています。自動車関係の税金は大きく見直しが行われるかもしれません。

まとめ

トランプ大統領がどこまで本気で発言しているのかわかりませんが、少なくともアメリカ国民の多くはアメリカで日本の車が沢山走っているのに、日本でアメリカの車が売れないのは不公平だ!と考えているのではないかと思います。実際に対日貿易赤字の原因の多くは自動車関連にあるので、アメリカ人としてはハッキリと言われるとそうだそうだ!となるのかもしれません。

完全対訳 CDつき トランプ大統領就任演説

完全対訳 CDつき トランプ大統領就任演説