読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年は新型スイスポとヴィッツでホットハッチが熱くなる!はず

フルモデルチェンジにより新しくなったスイフトが発表されました。最近のスズキの流れから外れず1トンを切る車重へ軽量化し、燃費がよくなるようです。最もスポーティーなグレードは1リットルターボに6速ATの組み合わせ。約100馬力ほどですが、当然スイスポはこれを上回ってくるでしょう。もしかしたら150馬力近くになるかもしれません。1トンを切る車重に150馬力まで出るとなると旧規格のアルトワークスに近い感覚になりそうです。スイスポだけでなくヴィッツのスポーツモデルもあるので2017年は軽量コンパクトのホットハッチが期待できそうです。

新しくなったスイフト

プラットフォーム

フルモデルチェンジによりプラットフォームが新しくなりました。新しい車台はバレーノと同じBセグメント用の新しいものを使用。モデルによりますが先代と比べ約120キロほど軽量化したこと、マイルドハイブリッドモデルの燃費は27.4km/lに向上しています。アクアやノートe-Poworには敵いませんが、十分な燃費性能でしょう。

自動ブレーキ

オプションで自動ブレーキを追加できます(約10万円)。デュアルセンサーブレーキサポートという名前の自動ブレーキシステムはトヨタのセーフティーセンスCと同等品ですが、ハードはトヨタと同じものでも、ソフトに違いがあります。
トヨタは歩行者への自動ブレーキ対応は謳っていませんが、スイフトに搭載されるものはスピードが30キロ以下であれば歩行者への衝突を避ける可能性があるとのこと。スズキは車重が軽いので制動距離に余裕があるので自動ブレーキはより効果的なものになるでしょう。軽量化は燃費だけでなく、自動ブレーキとの組み合わせを考えると今後はより重要になりそうです。

エクステリア

外観は六角形のグリルもあってかフロントフェイスはちょっとマツダっぽい感じで、リアは先代スイフトを継承というイメージ。日本車には珍しくフェンダーが強調されたデザインが特徴といえるでしょうか。日本のコンパクトカーやワンボックスは横側がのっぺりとしたデザインになりがちですが、フェンダー周辺で凹凸があり日本車らしさが薄らいでいます(同じスズキのイグニスの方がさらにフェンダーが強調されていますが)。100キロ以上の軽量化を行っていますが、サイズは先代とほとんど同じ、キャビンスペースは若干広くなっています。

エンジン

エンジンは1リットルターボと1.2リットルの2種類に変更
最もスポーティーなグレード、RStには1リットルターボを採用。このエンジンはバレーノにも採用されているもので、スズキは1.5リットルNA並としています。これにトランスミッションに6速ATを組み合わせています。6速ATはこのモデルのみで、他はCVTかMTに。

スイスポは?

スイフトスポーツはRStに使われる1リットルターボよりもさらに強力なものになるはず。1.5リットルターボになれば150馬力前後はいきそうですが、はたしてどんなものになるでしょう。コンパクトカーに1.5リットルターボというと、三菱のコルトラリーアートを思い出しますが(もっと前になるとスターレットGTなんてじゃじゃ馬もありました)、相当やんちゃな車だったそうで今でも中々の人気があります。新しいスイスポはこれまでのものよりもさらにスポーティーなものを企画しているということなので期待できるのでは?スイスポは6月頃に発表されるという噂です。

2017年はコンパクトホットハッチの時代

2017年はトヨタWRC参戦記念?としてヴィッツのスポーツモデルを出す予定があります。こちらは1.8リッターのスーパーチャージャーで220馬力なんていう噂です。このスペックはスペシャルモデルとなりそうなので、400万円近いお値段になるとか。ヴィッツの他にもアクアにも同様のものが出ます。そこまで過激ではないものも、スイスポのライバルも期待したいところです。スズキもスイスポだけでなくスイフトよりもトレッドの広いバレーノにスイスポ相当のモデルがあれば面白いと思いますが、こちらはないでしょうね。