読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ古いクルマ、動かない車でも専門業者なら値段がつくのか?

廃車買取りの専門業者がいる

あまりにも古くて動かない車や自走が出来ないような事故車の買い取りを専門にやっている業者があります。普通の中古車買取店なら処分するのに数万円から数十万円かかるようなところを、そういった業者に依頼すると、場合によってはお金を払うどころか買い取ってもらえるので、お金になります。どうして、そんな事が可能になるのでしょうか?

ボロボロの車でも値段がつく理由

そういった専門業者は買い取ったボロボロの車から使えるパーツを取り出したり、使えないものは鉄くずとして処理しているようです。鉄くずは以前ほどではありませんが、多少はお金になりますので、ボロボロの車でも買い取ってもらえるというわけです。また、テレビや冷蔵庫など処分の際にリサイクル料が必要になりますが、車の場合はリサイクル料は購入時に支払っているため、前払いのためリサイクルの際に必要な経費が少ない、という面もあります。

車種によっては、海外の業者に販売するケースもあります。ディーゼルエンジンを使ったトラックはエンジンが壊れにくいので、海外では特に人気です。そういったものは電装部品が少ない古い車種の方が現地で修理が行い易いので、古いトラックなどは意外な買い取り値がついたりします。トラック以外でも日本のRVは人気があるので値が付くことが多いようです。

一般的な中古車販売店では、パーツ取りや鉄くずとして処理することはありますが、海外への販路までは持っていませんので、専門業者の方がボロくても値段がつきやすいのです。

どんな車でも処分できるのか?

車検が切れて動かせない車、バッテリーが切れて動かせない車、事故で自走出来なくなった車、動くけど年式が極端に古い車、などなど、ボロい車といっても色々なボロさがあります。

自走できない車に関しては車載車を持つ業者に来てもらい、載せていってもらうほかありません。業者にとって、これは手間になりますので、「自走できる車なら、どんなものでも1万円以上で買い取ります」というお店は珍しくありません。珍しいのは自走出来ない状態でも値段をつけてくれる業者です。

処分する際は、車種や年式を確認するだけでなく自走が可能かどうか、自走出来ない場合はお店側が対応してくれるかどうかの確認も必要です。その点、不動車専門の業者であれば、あまり細かいことは気にしなくても大丈夫です。

事故車などの不動車を扱っている業者がこちらです。