読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地震でプラグインハイブリッドが注目される理由

熊本での地震プラグインハイブリッド車が注目されています。その理由はプラグインハイブリッド車が非常用電源として優れているからです。コンセントが使える自動車にはハイブリッド車電気自動車、そしてプラグインハイブリッド車がありますが、どうしてプラグインハイブリッド車に注目が集まったのでしょうか。

プラグインハイブリッドとは?

そもそも、プラグインハイブリッド車がどういうものかについて。プラグインハイブリッドは電気自動車のように充電が必要なハイブリッド車、という感じです。

国内メーカーでは三菱のアウトランダープラグインハイブリッド、プリウスプラグインハイブリッドなどがあります。プラグインハイブリッドはプリウスのようなハイブリッド車日産リーフのような電気自動車の性質を併せ持つ自動車です。ハイブリッド車電気自動車の間にあるのがプラグインハイブリッド車です。

充電が必要なハイブリッド車というと、ハイブリッド車よりも不便に思えますが、どうして災害時に強いのでしょうか?

ハイブリッド車との違いは?

ハイブリッド車は走行中に生まれる余分なエネルギーを回生ブレーキという仕組みを利用してバッテリーに充電し、発進時などにエンジンに加えバッテリーでモーターを動かし、走行性能や燃費を向上させます。
それに対し、プラグインハイブリッド車は大容量のバッテリーを搭載し、ハイブリッド車よりもモーターの力を借りて走行します。具体的には街中での走行はほぼモーターのみで走ります。モーターの力を沢山使うために容量の大きなバッテリーにコードを繋いで予め充電しておきます。

プラグインハイブリッド車に搭載されているバッテリー容量はだいたいハイブリッド車の4倍程度です。容量が多い分だけ、ハイブリッド車よりもプラグインハイブリッド車の方が非常用電源として利用しやすくなります。

電気自動車との違いは?

電気自動車はバッテリーとモーターで動かしますが、電気自動車特有の問題点が解消されていません。特に、充電に時間がかかること、航行距離がそれほど長くないこと、などが挙げられます。
電気自動車の主な問題点はバッテリーに関連しています。バッテリーが切れると使えない電気自動車に対しプラグインハイブリッド車はバッテリー容量が少なくなるとエンジンを使い発電しながら走ることが可能なため、電気自動車のネガティブな点を解消できます。

プラグインハイブリッド車電気自動車と比べるとバッテリーの容量は約半分程度ですが、プラグインハイブリッド車はガソリンがあればエンジンで発電しながら走行ができるため航続距離が長く、バッテリー充電時間も大きな問題になりません。

なぜ災害時に使えるのか?

プラグインハイブリッド車は発電機(エンジン)とバッテリーの両方を備えているため災害など非常時の電源として活用できます。

プラグインハイブリッド車のバッテリーはハイブリッド車と比べると4倍以上容量が大きくなっています。そのため、緊急時の電源としてのハイブリッド車よりも長時間の使用が可能です。さらに、電気自動車とは違いエンジンを持つので、燃料となるガソリンがあればエンジンを使い車のバッテリーを充電することができます。三菱のアウトランダープラグインハイブリッドではガソリンが満タンであれば10日間程度は電源としての利用が十分に可能になるそうです。

www.mitsubishi-motors.co.jp


また、プラグインハイブリッドはハイブリッド車とは違いモーターのみで十分な走行が可能です。逆にエンジンのみでの走行はほとんど出来ませんが、エンジンを動かすことでバッテリーへ充電しながらの走行が可能ですので、電気がガソリンのどちらかが手に入れば使えます。ハイブリッド車は電気があってもガソリンが必要ですし、電気自動車はガソリンがあっても電気がなければ走行できません。

プラグインハイブリッド車は電源かガソリンのどちらかがあれば使えるため、リスクヘッジが出来るといえます。

プラグインハイブリッドの問題点は?

プラグインハイブリッド車ハイブリッド車よりも価格が高く、また電気自動車よりも価格が高いという点は普及へのネックになっています。トヨタプリウスは非常によく売れていますがプラグインハイブリッド版プリウスはなかなか売れず苦戦しているようです。プリウスの新型プラグインハイブリッドはプリウス・プライムという名前が付けられアメリカでは既に発表されています。新型は通常のプリウスと比べ内装・外装ともに専用デザインとなりだいぶ力が入っていることがわかります。今後はプラグインハイブリッドの普及があるかもしれません。

jp.autoblog.com


また、電気自動車にはエンジンがありませんが、プラグインハイブリッドにはエンジンがあるためオイル交換やベルト交換なども必要になります。ハイブリッド車と比べても仕組みが複雑になる分、故障する可能性が高いかもしれません。具体的なデータがないので本当に壊れやすいかはわかりませんが、部品点数が多くなり故障のリスクが高くなることは間違いありません。

電気自動車と比べるとバッテリー容量が小さい点も気になるかもしれません。電気自動車とは違いバッテリー容量が小さくても航続距離は長いので、実用の面では問題ありませんが、プラグインハイブリッドの特徴である圧倒的な低燃費を活かしにくくなります。

まとめ

三菱のアウトランダープラグインハイブリッドはちょくちょく見るようになってきましたが、プリウスプラグインハイブリッドは売れていない状況です。日本でも新型が発表されると思いますが、デザインは非常にかっこよくなっているので、不謹慎かもしれませんがこのタイミングで発表されれば非常に注目を集めそうです。