予想・妄想

XVのプラグインハイブリッドはスバルの今後が見える、はず

スバルがXVのプラグインハイブリッドを北米市場へ投入することを発表しました。北京モーターショーではXVのハイブリッドを発表していますが、そちらではプラグインハイブリッドなのかストロングハイブリッドなのかマイルドハイブリッドなのか明言していなか…

新型カローラでわかっている?こと

新型カローラハッチバックは6月末に国内で発表され、8月中には販売が開始されるという噂。カローラのハッチバックはオーリスの名前で販売されていましたが、カローラに復帰することになります。 セダンは5ナンバー 現在カローラにはセダンとワゴンのフィール…

トヨタがカーシェアリング専用車を開発する日

トヨタの販売店はトヨタ、トヨペット、トヨタカローラ、ネッツと4種類あります。それぞれ販売する車種が微妙に異なるので、同じ車に別の名前を付けて販売している車種もあります。 トヨタらしくなく不合理に思えますが、やっぱりトヨタもそう考えているのか…

日産が新型EVセダンを発表するらしい

日産が25日にあたらしいEVを発表するようです。といっても中国専売モデルのようです。 4月25日からはじまる北京モーターショーで日産はシルフィEVを発表するようです。clicccar.com既にEVコンセプトを発表することは明らかにしていますが、それとは別の実用…

86が2.4リッターターボ化、これでケイマンに勝つる

2021年発売予定の次期86、BRZでは2.4リッターエンジンを採用、というニュースが。 スバルの2.4リッターというと、北米向けの3列シートSUV、アセントが2.4リッター直噴ターボを採用しています。パワーが足りないと文句を言われてばかりで、ついに決心するかも…

アベンシス廃止でDセグメントワゴンは絶滅危惧種に

どうやらトヨタのアベンシスはなくなるようです。 アベンシスはヨーロッパ向けの車種でセダンとワゴンがあります。日本では製造されず、イギリスで製造されたステーションワゴンのみ輸入して販売されています。セダンは入ってきていません。ヨーロッパでアベ…

トランプが日本の自動車税をなくす可能性が微レ存

トランプ大統領が中国や日本に対して関税をかける問題で、アメリカの貿易赤字解消のために日本に対しては自動車市場の開放を求めています。 といっても既に関税はかけていませんので非関税障壁を取り除くことを求めています。 www.nikkan.co.jpアメリカにと…

フォレスターフルモデルチェンジの謎

新型フォレスターがニューヨーク国際モーターショーで発表されました。フォレスターはアメリカ市場でスバルが最も売っている車(ちなみに、その次はアウトバック)。アメリカで売れているSUVランキングにも入る、スバルにとってはいわゆるドル箱です。www.it…

3ナンバー化するコンパクトカー

全幅が1700mm以上を超えると3ナンバーになります。以前は3ナンバーになると税金が高かったのですが現在では3ナンバーか5ナンバーか、それだけでは税金に影響しません。しかしながら3ナンバーは高級車というイメージが根強く残っているようで、3ナンバーの営…

スズキはCセグメントハッチバックを作らないのか?

私の中で不思議なのがスズキがCセグメントを作らないこと。CセグメントというのはVWのゴルフと同じくらいのサイズの車を差し、日本ならカローラ(オーリス)、インプレッサ、アクセラあたりです。かつてスズキはCセグメントよりも一つ大きいサイズ、Dセグメ…

スポーツカーがPHVになったらエンジンは前輪を回していいのか問題

ボルボの高級ブランドとして独立するポールスターはプラグインハイブリッドのクーペの予約をはじめました。response.jpエンジンとモーターであわせて600hpというハイパワー。エンジンは4気筒の2リッターということで、モーターが強力であることが伺えます(…

日産は全てのハイブリッドをe-Powerに置き換えるのか?

日産は全てのハイブリッドをe-Powerに置き換えることを決めた、みたいな噂がありますが、まずないと思います。というのは、ノートとセレナでe-Powerは問題ないとなっても、スカイラインやフーガなどのセダンは難しいのでは?と考えています。バッテリーをど…

VIZIV TOURER CONCEPTはレヴォーグではなくWRXのワゴンバージョン

予告通り、ジュネーブモーターショーでviziv tourer conceptが発表されました。写真や発表内容から様々なことが見えてきます。car.watch.impress.co.jp最初は次期アウトバックでは?と考えていましたが、どうやらWRXのワゴンバージョンのようです。その理由…

北米向け高級SUVの国内導入はあるか?

国内メーカーの高級SUVはトヨタ、レクサスの一辺倒です。高級SUVはイヴォーク、Q5、X3、X5、カイエン辺りの外国メーカーに流れています。イヴォークは全長は短めですが全幅が1985mmもあり使いにくそうなのに随分と見かけます。 使い勝手を考えたら国内メーカ…

将来はバイク向けエンジンを車に使うのでは?

車は年々電動化が進み、いずれは必須となるでしょう。内燃機関の効率を高めれば送電ロスのあるEVよりもエコではないかとも思えますが、電動化の流れには逆らえないでしょう。で、エコが優先され電動化が必須となった将来、趣味性の強い車はどんなものになる…

ヴィッツは2019年になくなる可能性が高いらしい

ヴィッツはトヨタのコンパクトカーで、アクアが出てからは存在感が薄くなってしまいました。その影響かヴィッツがなくなるかもしれないとか。 なくなるのはヴィッツという名前。ヴィッツを止めてヤリスに変更するようです。ヤリスという名前がどこから出てき…

スバルのVIZIV TOURER CONCEPTはアウトバックが本命、対抗はPHV専用車?

スバルがジュネーブモーターショーで初公開する「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」のテザー画像を公開しました。car.watch.impress.co.jpツアラーを標榜するコンセプトカーはなかったと思うので、全く新しいものになるのでしょう。画像から予想される車種とし…

プリウスαに新型はあるのか?

プリウスは2017年にフルモデルチェンジされ、シュッとしたエクステリアデザインに生まれ変わりました。発売当初は賛否はあり、すぐにエクステリアデザインを変更するマイナーチェンジがあるのでは?なんて噂もありましたが、沢山走っているせいか見慣れてし…

日産は車種激減?の怪文書について考える

bestcarweb.jp面白い記事が出ていたので考えてみたいと思います。 怪文書の類ですが、 ◎年明けの販売戦略会議で、日産自動車から方針が(各販売店に)伝えられた ◎世界全体の中で、日本国内での販売比率は6%に満たない(実際には2017年の累計ではグループ全…

スバルは新しい3列シートを販売するのか?

3列シートは各社が競って売っていますが、スバルはそれがありません。エクシーガというレガシィの全高が高くなったような3列シートがありましたが、エクシーガは後継がなく製造終了となりました。スバルはこのまま3列シートの販売を止めてしまうのでしょうか…

ついにカローラまで、どうして3ナンバー化するのか?

カローラがフルモデルチェンジし、ついに3ナンバー化すると言われています。年々5ナンバーサイズは少なくなってきていますが、ついにカローラまでもが3ナンバーです。3ナンバーと5ナンバーの違いは全幅です。全幅1700mm以上は3ナンバーになります。3ナンバー…

3代目インサイトは日本で販売しない可能性が高いかも

3代目となる新しいインサイトが来年発表、発売予定であることが発表されました。Honda | 2018年北米国際自動車ショーで新型ハイブリッド「INSIGHT(インサイト)」プロトタイプを世界初公開 今回の発表でわかったことは シビックより上位のモデル SPORT HYBR…

2018年、2019年に発売されそうなスポーツカー

スープラ 発売される可能性100%BMWのZ5とエンジンやシャーシなどを共用するといわれるスープラです。スープラじゃなくて2000GTになる、なんて話も最近になって出ています。エンジンは4気筒と直列6気筒の2種類があり、直列6気筒の方は800万円くらいと予想され…

ホンダが2018年発売するハイブリッド専用車はCR-Z後継では?

ホンダはハイブリッド専用車を2018年に発売するようです。以前からこの噂はありました。ホンダのハイブリッド専用車はインサイトとCR-Zがありましたが、現在はいずれもありません。車雑誌に書かれているものは1.5リッターでシビックと同じシャーシでCVT、3ボ…

ダイハツ新型テリオスの日本導入は?S-FR開発復活に繋がる?

ダイハツのテリオス後継が発表されました。 response.jp日本向けじゃなくてインドネシアで、ですが。テリオス後継はFFになるのでは?なんて予想されていましたが、これがビックリのFR。 ダイハツが東京モーターショーで展示していた、いかにもFFっぽいスイフ…

次期ハイエースはプロエースになる?

フルモデルチェンジ後のハイエースはこれまでのものと全く別物になるのでは?という噂があります。 全く別物というのは、現在のトラックのようにエンジンの上に運転席と助手席が乗っかる、いわゆるキャブオーバーを止めるのでは?という予想です。なぜキャブ…

JPN TAXIの一般向け販売はあるのか?

トヨタのコンフォートに代わるタクシー専用車両、JPNタクシーが走り出しています。今のところ黒?紺しか見かけていませんが、タクシー会社により白系なども今後見かけるようになるのでしょう。コンフォートと比べるとずいぶん大きく見えますが、当然のように…

Tj CRUISERは次期カローラの派生車になるのでは?

トヨタのコンセプトカー「Tj CRUISER」は市販があるのでは?と思ってしまいます。car.watch.impress.co.jp この記事によると、サイズは4300×1775×1620mm(全長×全幅×全高)とコンセプトカーなのに現実的なサイズになっています。スバルが東京モーターショー…

ダイソンはどんなEVを作るのか?

www.sankeibiz.jpこの記事ではEV開発に10億ポンド(約1500億円)を投資し、動力源となる全固体電池の開発に同額を投じるとあります。forbesjapan.comこの記事では1000万円を超える高級車を作るのでは?と予想しています。www.nikkei.comこの記事では…

エスティマはなぜフルモデルチェンジしないのか?

現行のエスティマは3代目で2006年から販売されているので既に11年も継続しています。モデルチェンジが長い車というと、ランクルやジムニー、センチュリーなど特徴的な車ばかりで、エスティマのような売れ筋であるワンボックスでこれだけ長く続くものは他にあ…