予想・妄想

ヴィッツは2019年になくなる可能性が高いらしい

ヴィッツはトヨタのコンパクトカーで、アクアが出てからは存在感が薄くなってしまいました。その影響かヴィッツがなくなるかもしれないとか。 なくなるのはヴィッツという名前。ヴィッツを止めてヤリスに変更するようです。ヤリスという名前がどこから出てき…

スバルのVIZIV TOURER CONCEPTはアウトバックが本命、対抗はPHV専用車?

スバルがジュネーブモーターショーで初公開する「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」のテザー画像を公開しました。car.watch.impress.co.jpツアラーを標榜するコンセプトカーはなかったと思うので、全く新しいものになるのでしょう。画像から予想される車種とし…

プリウスαに新型はあるのか?

プリウスは2017年にフルモデルチェンジされ、シュッとしたエクステリアデザインに生まれ変わりました。発売当初は賛否はあり、すぐにエクステリアデザインを変更するマイナーチェンジがあるのでは?なんて噂もありましたが、沢山走っているせいか見慣れてし…

日産は車種激減?の怪文書について考える

bestcarweb.jp面白い記事が出ていたので考えてみたいと思います。 怪文書の類ですが、 ◎年明けの販売戦略会議で、日産自動車から方針が(各販売店に)伝えられた ◎世界全体の中で、日本国内での販売比率は6%に満たない(実際には2017年の累計ではグループ全…

スバルは新しい3列シートを販売するのか?

3列シートは各社が競って売っていますが、スバルはそれがありません。エクシーガというレガシィの全高が高くなったような3列シートがありましたが、エクシーガは後継がなく製造終了となりました。スバルはこのまま3列シートの販売を止めてしまうのでしょうか…

ついにカローラまで、どうして3ナンバー化するのか?

カローラがフルモデルチェンジし、ついに3ナンバー化すると言われています。年々5ナンバーサイズは少なくなってきていますが、ついにカローラまでもが3ナンバーです。3ナンバーと5ナンバーの違いは全幅です。全幅1700mm以上は3ナンバーになります。3ナンバー…

3代目インサイトは日本で販売しない可能性が高いかも

3代目となる新しいインサイトが来年発表、発売予定であることが発表されました。Honda | 2018年北米国際自動車ショーで新型ハイブリッド「INSIGHT(インサイト)」プロトタイプを世界初公開 今回の発表でわかったことは シビックより上位のモデル SPORT HYBR…

2018年、2019年に発売されそうなスポーツカー

スープラ 発売される可能性100%BMWのZ5とエンジンやシャーシなどを共用するといわれるスープラです。スープラじゃなくて2000GTになる、なんて話も最近になって出ています。エンジンは4気筒と直列6気筒の2種類があり、直列6気筒の方は800万円くらいと予想され…

ホンダが2018年発売するハイブリッド専用車はCR-Z後継では?

ホンダはハイブリッド専用車を2018年に発売するようです。以前からこの噂はありました。ホンダのハイブリッド専用車はインサイトとCR-Zがありましたが、現在はいずれもありません。車雑誌に書かれているものは1.5リッターでシビックと同じシャーシでCVT、3ボ…

ダイハツ新型テリオスの日本導入は?S-FR開発復活に繋がる?

ダイハツのテリオス後継が発表されました。 response.jp日本向けじゃなくてインドネシアで、ですが。テリオス後継はFFになるのでは?なんて予想されていましたが、これがビックリのFR。 ダイハツが東京モーターショーで展示していた、いかにもFFっぽいスイフ…

次期ハイエースはプロエースになる?

フルモデルチェンジ後のハイエースはこれまでのものと全く別物になるのでは?という噂があります。 全く別物というのは、現在のトラックのようにエンジンの上に運転席と助手席が乗っかる、いわゆるキャブオーバーを止めるのでは?という予想です。なぜキャブ…

JPN TAXIの一般向け販売はあるのか?

トヨタのコンフォートに代わるタクシー専用車両、JPNタクシーが走り出しています。今のところ黒?紺しか見かけていませんが、タクシー会社により白系なども今後見かけるようになるのでしょう。コンフォートと比べるとずいぶん大きく見えますが、当然のように…

Tj CRUISERは次期カローラの派生車になるのでは?

トヨタのコンセプトカー「Tj CRUISER」は市販があるのでは?と思ってしまいます。car.watch.impress.co.jp この記事によると、サイズは4300×1775×1620mm(全長×全幅×全高)とコンセプトカーなのに現実的なサイズになっています。スバルが東京モーターショー…

ダイソンはどんなEVを作るのか?

www.sankeibiz.jpこの記事ではEV開発に10億ポンド(約1500億円)を投資し、動力源となる全固体電池の開発に同額を投じるとあります。forbesjapan.comこの記事では1000万円を超える高級車を作るのでは?と予想しています。www.nikkei.comこの記事では…

エスティマはなぜフルモデルチェンジしないのか?

現行のエスティマは3代目で2006年から販売されているので既に11年も継続しています。モデルチェンジが長い車というと、ランクルやジムニー、センチュリーなど特徴的な車ばかりで、エスティマのような売れ筋であるワンボックスでこれだけ長く続くものは他にあ…

トヨタのハイブリッドスーパーカー(コンセプト)は実際に販売されるのでは?

トヨタが東京モーターショーで展示する「GR HV SPORTS concept」というコンセプトカーを発表しました。 ハイブリッドスポーツカーということ。www.itmedia.co.jp見た目は86(BRZ)を流用しているので、コンセプトカーではありますが市販の可能性が高そうにも…

フルモデルチェンジ後のトヨタクラウンを予想してみる

来年はじめ(2018年)にもクラウンがフルモデルチェンジといわれています。クラウンは今時珍しくほぼ日本だけで販売されているモデルなので、発表の場としては国外のモーターショーで行われる可能性は少なく、今回の東京モーターショーで行われる可能性は高…

WRXはフルモデルチェンジでMTでもアイサイトが付くのかも

スバルが東京モーターショーでの発表予定を告知しています。www.subaru.jpその中の一つにSUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTといのがあります。スバルによると、そのコンセプトカーはSUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは、SUBARUがお客様にお届けする安…

ドイツ発の48Vハイブリッドが席巻する可能性が微レ存?

ドイツ系自動車メーカーを中心にディーゼルエンジンの排気ガス不正の影響からディーゼルからハイブリッドに急速に方向転換していますが、トヨタやホンダのようなハイブリッドはないため、48Vのバッテリーを利用したハイブリッドの導入を急いでいます。48Vの…

そもそもジュークのフルモデルチェンジはないかもしれない

ジュークのフルモデルチェンジはもしかしたらないのでは?と考えています。少し前までジュークのフルモデルチェンジは2017年内と言われていましたが、今では2018年の夏頃、といわれます。e-Powerモデルは確実と言われていますが、セレナe-Powerの開発が遅れ…

SKYACTIV-Xはアクセラからではなくアテンザからでは?

現行アテンザの発売が2012年11月なので、フルモデルチェンジは早くて来年、再来年2019年あたりがちょうどいいくらいでしょう。そして、SKYACTIV-Xの量産が2019年開始となっているので、SKYACTIV-Xが最初に載るのはアクセラではなくてアテンザではないかと予…

ハスラー普通車バージョンは1000cc?

newswitch.jp普通車版のハスラーの話題が出てきました。以前にもこんな記事を書きましたが、既に半年以上前。今回の情報を元にもう一度、どんな車になるのか考えてみました。 usedcar.hatenadiary.jp ベースの車は? 以前から噂されていましたが、ここまで記…

三菱がEVOを復活させるらしいので妄想してみた

三菱がEVOを復活させる予定があるそうです。blog.livedoor.jp6年後ということで、まだまだ先になりますが、どんなものか予想してみます。 現在の情報では クロスオーバー モータースポーツへの参加 の2つがヒントとなりそうです。 モータースポーツへ参入す…