罰金は実際どのくらいになるのか?

制限速度を30km/h超えるスピード違反 一発免停となるのが一般道で30km/h以上、高速道路で40km/hのスピード違反です。一般道で30km/h以上のスピード違反は行政罰の他に刑事罰が付きます。行政罰は反則金と呼び、刑事罰は罰金と呼びます。罰金の額は法律で10万…

ワイパーの変な音、ビビリ音を直すには?

ビビリ音は振動で発生する音の総称で、ワイパーの変な音は本来のビビリ音とはちょっと違いますが、ビビリ音と呼ばれることが多いようです。ワイパーのビビリ音の原因は主に2つあります フロントガラスの汚れ ワイパーゴムの劣化 です。どちらも対策は簡単に…

ダイソンはどんなEVを作るのか?

www.sankeibiz.jpこの記事ではEV開発に10億ポンド(約1500億円)を投資し、動力源となる全固体電池の開発に同額を投じるとあります。forbesjapan.comこの記事では1000万円を超える高級車を作るのでは?と予想しています。www.nikkei.comこの記事では…

任意保険を使うか使わないかの判断基準

事故を起こしたけど任意保険を使わなかった、という話しを聞いたことがあると思います。事故のために高いお金を払って任意保険に加入しているというのに、なぜ保険を使わないのか?と疑問に思うかもしれませんが、確かに場合によっては任意保険を使わない方…

エスティマはなぜフルモデルチェンジしないのか?

現行のエスティマは3代目で2006年から販売されているので既に11年も継続しています。モデルチェンジが長い車というと、ランクルやジムニー、センチュリーなど特徴的な車ばかりで、エスティマのような売れ筋であるワンボックスでこれだけ長く続くものは他にあ…

オイルだけでなく冷却水(クーラント)も定期的な交換が必要

エンジンオイルを定期的に交換される方は珍しくない、一般的だと思いますが、オイルだけ交換しておけばいいというものでもありません。冷却水(クーラント)も定期的な交換が必要です。冷却水もエンジンオイルと同様に入っていれば大丈夫、というものではあ…

トヨタのハイブリッドスーパーカー(コンセプト)は実際に販売されるのでは?

トヨタが東京モーターショーで展示する「GR HV SPORTS concept」というコンセプトカーを発表しました。 ハイブリッドスポーツカーということ。www.itmedia.co.jp見た目は86(BRZ)を流用しているので、コンセプトカーではありますが市販の可能性が高そうにも…

長く乗っている車の振動が急に大きくなった原因は?

エンジンマウントの劣化 エンジンはシャーシに固定されていますが、そのままくっつけるとエンジンの振動が直接伝わるため、エンジンとシャーシの間にエンジンマウントというゴム製の部品を使います。 ゴム製なので必ず経年劣化します。使用状況や気候などで…

フルモデルチェンジ後のトヨタクラウンを予想してみる

来年はじめ(2018年)にもクラウンがフルモデルチェンジといわれています。クラウンは今時珍しくほぼ日本だけで販売されているモデルなので、発表の場としては国外のモーターショーで行われる可能性は少なく、今回の東京モーターショーで行われる可能性は高…

ホンダのステップワゴンハイブリッドはミニバンの天下を取るか?

ステップワゴンがマイナーチェンジでスパーダにi-MMDというハイブリッドが設定されました。car.watch.impress.co.jpホンダのハイブリッドはいくつか種類がありますが、新しくステップワゴンに搭載されるものはi-MMDというタイプです。 どんなハイブリッドか…

WRXはフルモデルチェンジでMTでもアイサイトが付くのかも

スバルが東京モーターショーでの発表予定を告知しています。www.subaru.jpその中の一つにSUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTといのがあります。スバルによると、そのコンセプトカーはSUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは、SUBARUがお客様にお届けする安…

ドアバイザーは付けるべきか必要ないか

ドアバイザーのメリットは雨の日に窓を少し開けても雨が入ってこないこと。タバコを吸うから窓を開けたい、窓が曇るなど換気のために窓を開けたい、という場合は非常に便利です。特に冬の天気が悪い日、基本的に冬の日本海側は天気が悪く、濡れた服や傘など…

車の謎用語「押し出し感」とはどんなデザインを指すのか

押し出し感は特にアルファードのエクステリアデザインに関して使われる言葉です。ほぼアルファードのことを指すのでは?と思うくらいに、アルファードのエクステリアデザインについて使われます。アルファード以外ですと、高級車全般、最近のマツダなどにも…

パトカーが一瞬だけサイレンを鳴らすのは?

パトカーは赤色灯を回転させサイレンを鳴らしている時は緊急車両ですが、それ以外の時は緊急車両ではありません。つまり、一瞬だけサイレンを鳴らした時は緊急車両として何かをしたい場合で、多くはUターンする際に鳴らすことが多いようです。街中で一瞬だけ…

大きいハスラー、XBEE(クロスビー)はやっぱりイグニス

スズキが東京モーターショーの出展概要を発表しました。 参考出品車とありますが、スペーシアと普通車バージョンのハスラーは市販バージョンと考えて間違いないでしょう。car.watch.impress.co.jp普通車ハスラーの名前はXBEE(クロスビー)となるようです。 …

ドイツ発の48Vハイブリッドが席巻する可能性が微レ存?

ドイツ系自動車メーカーを中心にディーゼルエンジンの排気ガス不正の影響からディーゼルからハイブリッドに急速に方向転換していますが、トヨタやホンダのようなハイブリッドはないため、48Vのバッテリーを利用したハイブリッドの導入を急いでいます。48Vの…

GRMNは凄いけれど、GRとかGR SPORTはどうなのか?と思わなくもない

トヨタが力を入れているスポーツ路線ですが、”GR”シリーズとして正式に発表されました。car.watch.impress.co.jp トヨタの専用サイトを見ると ”GR SPORT”がエントリースポーツモデル ”GR”が本格スポーツモデル ”GRMN”が究極のスポーツモデル と書いてありま…

20XX年に全てのモデルを電動化といっても大したことない

ボルボが2019年以降のモデル、メルセデス・ベンツが2022年までに、マツダは2030年代前半に、全てのモデルを電動化すると宣言しています。 この電動化ですが、なんとなく電気自動車のみと捉えてしまいそうですが、電気自動車を含むハイブリッドやプラグインハ…

そもそもジュークのフルモデルチェンジはないかもしれない

ジュークのフルモデルチェンジはもしかしたらないのでは?と考えています。少し前までジュークのフルモデルチェンジは2017年内と言われていましたが、今では2018年の夏頃、といわれます。e-Powerモデルは確実と言われていますが、セレナe-Powerの開発が遅れ…

10年、15年後はEVではなくPHVだと考える理由

2040年にエンジンだけの新車は販売出来ない、という事になりそうですが、そう聞くと全ての新車が電気自動車になると考えがちですが、イギリスや(たぶん)フランスはハイブリッドやプラグインハイブリッドも可で、モーターを全く使わない車はダメ、という事…

CX-8の特徴とライバル

以前から告知されていたCX-8が正式に発表されました。www.mazda.co.jpCX-8の特徴は 全長4900mm SUVで3列シート スライドドアではない の3つにあると考えます。国内向けの多くは全長4700mm程度までのものが中心で、全長4900mmはかなり長い車です。また国内で…

撥水コートと親水コートの使い分け方

水をはじくのが撥水コートです。撥水コートはガラコが有名です。水滴が球状になるので走行中の風でコロコロと水滴が転がっていくので視界はよいのですが、その状態を維持するのは結構大変です。SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア 超ガラコ 70ml 04146出版…

ガソリン車・ディーゼル車の販売規制は本当に実現するのか?

中国もガソリン車・ディーゼル車の規制を準備している、というニュースが話題です。 既にフランスとイギリスが2040年からガソリンだけで走る車の新車販売を規制することを決めていますが、これに近い規制を中国も行う、という報道です。www.sankei.com中国の…

SKYACTIV-Xはアクセラからではなくアテンザからでは?

現行アテンザの発売が2012年11月なので、フルモデルチェンジは早くて来年、再来年2019年あたりがちょうどいいくらいでしょう。そして、SKYACTIV-Xの量産が2019年開始となっているので、SKYACTIV-Xが最初に載るのはアクセラではなくてアテンザではないかと予…

未使用車を検討しているなら新車の見積もりも

未使用車というのは、新車登録はしてあるけれど使っていない車を指します。どうして登録してあるのかというと、ディーラーや販売店などが販売数や販売額を稼ぐために、とりあえず購入して実績を作り、届いた車は未使用車という名前の中古車で販売する、とい…

ギャランフォルティススポーツバックとエクリプスクロス

2008年に発売し、2015年に生産が終了したギャランフォルティススポーツバック。たまにしか見かけないこの車、もう少しどうかしていたらヒットしたのではないか?見かける度に思ってしまいます。2007年に発売したギャランフォルティスから派生したハッチバッ…

ヘッドライトはいつ付けたらいいのか?

法律的には日没(日の入り)から日の出までヘッドライトを付ける必要があります。ただ、これでは遅いということで、日没の30分前からヘッドライトを付けるようにJAFや警察が推奨しています。ちなみに、どうして日没の30分前かというと、その頃に死亡事故が多…

新型リーフについて思うこと、あれこれ

予告通り新型リーフが発表されたので、思うことをあれこれと。 新型リーフのサイズはどんな車に近いのか 新型リーフ 全幅1790mm、全長4480mm、全高1540mm、ホイールベースは2700mmで初代と同じ。 初代リーフ 全幅1770mm、全長4454mm、全高1550mm ライバル?…

日中フォグランプを付けている人がいる?

日中にフォグランプを付けている車がいます。 フォグランプは名前の通り、霧で視界が悪い時に使うものでした。そのためヘッドライトとは違い、霧の中でも見やすい黄色いライトでしたが、最近では黄色いフォグランプは減っています。最近ではフォグランプは霧…

損保ジャパン日本興亜がスマホアプリの利用で保険料を最大20%引き

損害保険ジャパン日本興亜がスマホアプリを使って運転を診断し、保険料を割り引くサービスをはじめました。 180日間で5日以上10時間のアプリを起動させ走行データを計測し、その走行データにもとづき、最大20%の割引を行う、というもの。 こういったスマホを…