次期アテンザはIS、RCと共用の可能性があるかもしれない

車雑誌にマツダの直6とプラットフォームをトヨタが使う確約をしている、みたいな記事がありました。 私はそれはないと考えています。 以下はマツダの直6とFRの組み合わせは次期IS・RCになるだろう、そんな妄想です。雑誌ではマークXの後継としてFRになったア…

トヨタ車が一台一億円を越える可能性

トヨタのGRスーパースポーツコンセプトが本当に販売されるかもしれません。response.jpルマン24時間耐久レースを含む、WEC世界耐久選手権で2020年からハイパーカーというカテゴリーが作られることが決まりました。 トヨタは今年もLMP1というクラスで参戦して…

国内メーカーもBクラスみたいなの出せばいいのに

メルセデスが新型Bクラスを発表しました。car.watch.impress.co.jpこのBクラス、案外国産車には似た車種がありません。大きすぎず小さすぎず、荷物もそれなりに載せられて便利そうなのに。 BMWには2シリーズのアクティブツアラーというBクラスみたいなやつが…

プリウスが特異的に事故が多いとは言えない理由

いわゆる任意保険の保険料は損害保険料率算出機構が算出したクラスに準じて各保険会社が決めています。www.giroj.or.jp保険料率算出機構のクラス以外には、年齢や年間走行距離、使用用途などにより保険料が変わります。保険料率算出機構のクラス分けは保険金…

池袋暴走事故、聴聞会欠席は驚くニュースではない理由

池袋の交通事故の件で聴聞会に欠席したというのがニュースに。 www.sankei.com欠席したことに驚いているような反応も見られますが、聴聞会に出席しても欠席しても免許取り消しは避けられないと思われるので、欠席する方が妥当のような気もします。 交通事故…

マツダ3のライバルはゴルフ8、BMW1シリーズなど

マツダ3はいわゆるCセグメントになるので、ライバルの筆頭はゴルフでしょう。ゴルフの他には BMW1シリーズ メルセデスAクラス カローラ インプレッサ シビック あたりになります。 シビックはサイズが少し大きめなので外れやすそうな気がします(マツダ3もゴ…

トヨタの新しいスポーツカーは自社生産らしい

トヨタが次のスポーツカーは自社生産で、と話しているそうです。 86後継をスバルではなくマツダという噂もありましたが、これはやはりスバルに落ち着いているという噂。 ただ、マツダは新しく直6のFRを作るので、これを使ったクーペをトヨタと一緒に販売する…

マツダ3、CX-30の価格は多分インプレッサ、XVと同じくらい

マツダフランスがCX-30の販売価格を発表しました。 26500ユーロから39100ユーロです。 この値段はスバルフランスのXVの販売価格、28490ユーロ~と比べるとわずかに安くなっています。 EUのラインナップではCX-30の最廉価版は2リッターのSKYACTIV-Gだと思うの…

マツダは本気でアテンザをFRにするからRX-VISIONも

マツダの2019年3月期決算説明会のこの記事、直列6気筒エンジンや縦置きアーキテクチャと書かれています。car.watch.impress.co.jp記事には明言されていませんが、エンジンの縦置きは、アテンザ(マツダ6)やCX-5などのFR化を意味しています。 キャビンが狭く…

右直事故は不条理

大津市の事故で園児が亡くなりました。 www3.nhk.or.jp 事故はいわゆる右直、右折と直進の接触事故とのこと。 現場写真と記事を読む限りでは直進していた軽自動車より右折車の過失が大きいと思われます。 いずれも信号は青、直進の軽自動車の前方部分で接触…

身体機能で運転を制限できるのか?

池袋の暴走事故で運転者は足が悪く杖をつかっていた、というニュースが。さらには医師から運転を控えるように指示されていたと。 www3.nhk.or.jp杖をつくことと事故との関係は今のところ不明ですが、足が悪くなりアクセルやブレーキのコントロールが下手にな…

車が暴走した時の対処法

www3.nhk.or.jpプリウスが悪目立ちしますが、プリウスと同様のハイブリッドシステムは他にも使われているので、システムの不具合というよりは販売台数の多さが原因でしょう。販売台数とTHSを考えるとアクアのにも同様に暴走事故があってもいいと思うのですが…

日産がティーダ後継、Cセグメントハッチバックを出す可能性

日産がかつて販売していたティーダに相当するCセグメントハッチバックを国内市場に投入するという噂があります。 そんなタイミングで、ティーダのセダンバージョンだったラティオに相当するVersaの後継車が発表されました。car.watch.impress.co.jpVersaは南…

トヨタがRRコンパクトクーペを作る可能性が微粒子レベルで存在

トヨタが本当にミッドシップレイアウトのコンパクトカーを出すのではないかとまた話題になってきました。というのも意匠登録されたものが、ミッドシップレイアウトに見えるので。https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage意匠登録1628728を…

三菱のコンセプトカーは名前がよく変わるらしい

上海モーターショーで「MITSUBISHI e-Yi CONCEPT」をアジア初披露することを発表しました。 car.watch.impress.co.jpこのコンセプトカー、今年の3月に行われたジュネーブモーターショーでは「ENGELBERG TOURER」という名前も付いていました。ENGELBERG(エン…

令和で売れる車のジャンルは?

昭和の終わり、バブルの頃にBMWは六本木のカローラと呼ばれたそうです。六本木ではカローラと同じくらいBMWを見かける、というたとえです。 その頃はセダンが沢山売れていて、ハッチバックはあまり売れていなかったようです。VWのゴルフよりジェッタの方が売…

特許無償提供でトヨタは排ガス規制強化を促す

トヨタがハイブリッド関連の特許を無償提供するというニュース。car.watch.impress.co.jpトヨタ式ハイブリッドが他社にも利用されることで部品価格の引き下げにつながる可能性、などが指摘されていますが、それだけではないでしょう。 というわけで、私の妄…

北米向けヤリスがデミオになったので、次期デミオ=次期アクアになると思う

北米向けヤリス(国内ではヴィッツですが、今年予定されるフルモデルチェンジで名前はヤリスに変更される予定です)がデミオをベースとしたものにフルモデルチェンジされます。car.watch.impress.co.jp元々、北米で販売されているヤリスセダンはデミオセダン…

新型デイズはプロパイロットが付いたハイウェイスター一択か?

新型デイズは大幅なフルモデルチェンジとなっています。プラットフォームはもちろんエンジンもBR06という新型。企画開発の主導は日産が行ったということです。www.webcartop.jpkakakumag.comエンジンにルノー製のものを軽規格にしたものを使っているとのこと…

ジュークは2020年フルモデルチェンジでBセグメントが激戦に

ジュークのスパイショットが公開されました。 www.carscoops.com予想CGはいくつかありますが、結構似ているようです。 clicccar.comスパイショットの車はビニールで覆われていますが、形状がかなりはっきりとわかります。 フロントフェイスは日産が採用を続…

レベル3の自動運転でスマホを使っても許される理由

レベル3の自動運転でスマホを使ったり本を読んでも違反とならない、という方針が示されました。www.nikkei.com自動運転はレベル5までありますが、レベル4と5はハンドルやブレーキなどがない無人運転で人間は運転に関与できないものです。レベル3まではハンド…

ホンダのEVはなぜ後輪駆動を選んだのか

ホンダが2020年度内に国内でも販売予定の電気自動車、アーバンEVコンセプトは後輪駆動になるそうです。気になるのがその理由ですが、 プラットフォームは新開発のEV専用タイプ。驚くのは前輪駆動ではなく後輪駆動だということである。人見氏によるとその理由…

VIZIV ADRENALINE CONCEPTはXVのプラグインハイブリッド兄弟車

スバルがジュネーブショー でVIZIV ADRENALINE CONCEPTというコンセプトカーを発表しました。 car.watch.impress.co.jp このところのスバルはコンセプトカーと言っても、基本的には将来販売するものとなっています。 スバルは年に一台フルモデルチェンジする…

2022年にシビックはフルモデルチェンジ

ホンダが2021年にイギリスでの生産を終える予定であることを正式に発表しました。 イギリス工場で生産したシビックハッチバックとタイプRは日本だけでなくアメリカへも輸出しているそうです。 さらにトルコで生産しているシビックセダンも2021年で終了すると…

イギリス工場閉鎖でタイプRは日本製に?

ホンダがイギリスの工場を閉鎖する方針、というニュースが。 www3.nhk.or.jp EU域内向けの工場ですが、国内向けのシビックのハッチバックとタイプRはイギリス工場のものを輸入しています。 イギリス工場閉鎖後はEU向けも日本国内への製造に切り替わるようで…

2019年に注目のフルモデルチェンジ

今年は注目のフルモデルチェンジがいくつか控えています。 まずトヨタですが、カローラのセダンとワゴン。そして年末にはヴィッツがヤリスへ生まれ変わります。さらにはスープラもあります。 カローラとヴィッツという有名所のフルモデルチェンジよりも、ト…

RAV4やCX-5などミドルサイズSUVを比較してみる

昨年末にCR-Vが発売され、いよいよRAV4も発売となります。CR-Vは既に苦戦中と言われていますが、RAV4の方は売れると見られています。 ということで、その他のライバル車と比べてみたいと思います。 サイズ比較 全長×全幅×全高 RAV4:4600mm×1855mm×1685mm CR…

スバルかトヨタがMRを出すよりもカローラクーペの方があり得る

トヨタがMR-2かセリカみたいなのをまた作りたい、なんて話が数ヶ月前から出ています。 その流れでしょう、MR-2のようなエンジンを後ろに配置したものをスバルと協業で出す可能性が高い!なんて言い出すサイトも現れてきました。 ちょっと前はマツダと協業す…

電動化を見越して今のうちに普通二輪免許を取るべし

バイクの免許は 原付(原付一種) 小型二輪(原付二種、125cc未満)(AT限定あり) 普通二輪(いわゆる中型、400cc未満)(AT限定あり) 大型二輪(昔の限定解除)(AT限定あり、ただし650cc未満) に分類されます。これらはエンジンの排気量ですが、モータ…

ホンダの撤退が先か、軽規格廃止が先か

某雑誌に出ていた、ホンダが軽から撤退する可能性という話。可能性はない、とは言えないと思います。 以前から言われているように、軽自動車の優遇税制は非関税障壁としてやり玉に上げられていて、いずれは排気量並の税金になると思われます。 その場合、100…