高齢者が乗り降りしやすい自動車選び

両親が年を取り車の乗り降りが大変になったので、それに見合った車に買い換える、なんて話を聞くことがあります。高齢者はただ立ったり座ったりだけでも大変そうですが、車の乗り降りはもっと大変です。そこで乗り降りのしやすさ、シートについて少し。

車の形状

乗り降りの際は開口部が広いこと、低床、つかむ部分があること、この3つが揃っていると高齢者でも比較的乗り降りがしやすいようです。力が弱くドアの開閉が難しい場合は電動スライドドアがあると便利です。スライドドアは開口部が広く作られているものがほとんどなので、スライドドアの有無を基準にしてもいいかと思います。ただ、スライドドアの場合は降りる時につかむ部分が少ないので、その点はちょっと気にした方がいいと思います。こういった条件が揃いやすいのはミニバンです。小さい子どもでも乗り降りが出来るように低床になっているものが多く、ほとんどがスライドドアを採用しています。

シートの形状

深いシート、柔らかいシートよりも浅く堅いシートの方が腰の負担が少なく、高齢者は楽なようです。バケットシート、セミバケットシートは堅い点はいいのですが深すぎです。後部座席に深く沈むシートを採用しているものもありますが、高齢者向きとはいえません。深くて堅いシートには腰の部分にクッションなどを当てることで対応できますが、柔らかいシートの場合は対応が難しいので、まずは柔らかさに注目してはどうかと思います。

これまでの経験だとドイツ車や意外なことに軽自動車の安っぽいシートの評判がいいように感じています。

シートの高さ

最近はモーターアシストの関係でシート下にバッテリーなどを積載するなどの影響でシート位置が高くなっている車が少なくありません。少しシート位置が高い方が運転しやすいのですが、高齢者の乗り降りとなるとあまりにもシート位置が高いものは問題があります。

車の乗り込み方には足を先に入れる方とまず座ってから体を押し込む方と2パターンあります。シート位置があまりにも高いものは後者のタイプ、座ってから体を押し込むやり方が出来ません。高齢者の場合は先にシートに座ってから足をいれるやり方がほとんどですので、シートの高さはすぐに座れる程度になっているものがいいでしょう。

またシートの高さは低い方が乗りやすく高い方が下りやすい、という矛盾した関係にあります。低すぎるシートは乗りやすくても降りにくい(立ち上がりにくい)ので注意が必要です。

まとめ

高齢者と一括りにしても、足や腰の状態や体格など様々ですので、実際に乗り降りして試してみるほかありません。どうしても乗り降りが難しい場合は、助手席が回転する福祉車両トヨタのウェルキャブなど)の検討もありでしょう。

ところでトヨタは新型タクシー専用車両を開発中ですが、高齢者の乗り降りがしやすいものになるそうです。

car.watch.impress.co.jp


いずれは、タクシー専用車両の開発からフィードバックを得た車が出るものと思われます。トヨタにはユニバーサルデザインを標榜したラウムという車がありましたが、ポルテに統合されました。もう一度ラウムのようなコンセプトの車に期待したいところです。

軽ハイトールワゴンはどうして流行っている?

ワゴンRのヒットから軽自動車は全高の高い軽トールワゴンと呼ばれるタイプが主流になりましたが、近年はワゴンRではまだ低い、もっと全高が高いものが売れるようになりました。それがスーパーハイトワゴンとかハイトールワゴンなどと呼ばれるタイプです。車種名でいえば、ダイハツのタントとウェイク、ホンダのN-BOX、スズキのスペーシア、日産のデイズルークス(三菱のekスペース)などがそうです。2016年の軽自動車販売台数の1位がN-BOXで2位がタントとハイトールワゴンが1,2フィニッシュとなりました。

ちなみに軽自動車ではなくコンパクトカーもハイトールワゴンタイプが流行っていて、スズキのソリオが2016年に4.8万台のヒット、これに続けとダイハツがトール(トヨタではルーミー・タンク)を発売しました。

どのくらい背が高いのかというと、全高はダイハツのウェイクが1835mm、ホンダのN-BOXが1780mm、日産のデイズルークスが1775mm。ウェイクは室内寸法の高さが1455mm、N-BOXとデイズルークスは1400mmもあります。あのハイエースですら1320mmなので、いかに内部が広く作られているかがわかると思います。ちなみに軽自動車の規格は全高2000mm未満なので、将来もうちょっと背が高くなる可能性はあります。可能性はありますが、そこまで高くすると簡単に横転しそうな気がするので難しいかもしれません。

どうしてそんなに高くするの?

ハイトールワゴンは小さな子どもを育てている世帯がメインターゲットとなっています。両側スライドドアを装備することで開口部が広くなり子供と一緒でも荷物の出し入れがしやすく、チャイルドシートに座らせる時も頭をぶつけることなく使いやすくなります。また室内寸法で高さが1400mmもあると子供なら立った状態で着替えることが出来ます。室内の高さと両側スライドドアの組み合わせがハイトールワゴンの魅力です。

実はハイトールワゴンは両側スライドドアを採用するまではそれほど売れませんでした。背が高いだけでは現在のようには売れませんでした。スライドドア、特に両側スライドドアを取り入れてから売れるようになりました。つまり両側スライドドアと高さの2つの組み合わせが必要な方にはハイトールワゴンは合っています。一方、この2つの組み合わせにそれほど魅力を感じないのであれば、ワゴンRなどのトールワゴンでも十分に室内は広いので車高のため走行性能が落ちるハイトールワゴンは選ばない方がいいかもしれません。

高齢者向き?

これまでハイトールワゴンは小さな子供を育てている世帯向けでしたが、これからは高齢者世帯向けにも売れるかもしれません。ハイトールワゴンは開口部が広く乗り降りしやすいのですが、高齢者が乗り降りする際は開口部が広すぎて掴む部分がないので、高齢者にとっては必ずしも乗り降りしやすいわけではありません(特に乗る際が大変だと思います)。高齢者を乗せることをふまえハイトールワゴンの購入を検討している方は、一度乗り降りできるかどうか試乗で試してみてください。この辺が改善されるなり、オプションで解決できればハイトールワゴンはまだまだ売れるような気がします。

気になるのは横転しないのか?という事。

monoist.atmarkit.co.jp

この記事によればダイハツのウェイクはタントと比較して全高が85mmも高くなっているものの重心は10mmしか上に上がっていないそうです。重心が上がっているので、比較すれば横転の可能性は高くなるかと思われますが、見た目ほどではないのかもしれません。ホンダのN-BOXは横転対策としてVSAと呼んでいる導入しています。車の挙動を安定させる制御システムを採用しています。

このようにメーカーも横転対策は色々と行っているようですが、横転しないかというと、そんなことはありません。検索すると横転した方の経験談なんかも出てきます。もちろん全高に限らず衝突をさけようとスピードが出た状態で急ハンドルを切るとほとんどの車は横転します。

実際に横転している車を見たこともあると思いますが、横転はハイトールワゴンに限ったことではありません。しかし、重心移動が続く山道のようなところでは、丁寧に運転する必要はありそうです。実際運転してみるとロール(左右への傾き)が大きいので怖くて丁寧に運転すると思います。ただ次第に慣れてしまうので、その点は注意しないといけません。

まとめ

ハイトールワゴンは室内の高さと両側スライドドアの組み合わせが子育て世代にとって便利!この組み合わせに魅力を感じなければ重心が少し低いトールワゴンやさらに重心が低く燃費性能も運動性能も高いミラやアルトの方がいいかも。

2017年1月末現在で立体駐車場に停められる全高1550mm以下の車種一覧

立体駐車場の高さ制限で最も多いといわれるのが1550mm以下です。今回は全高1550mm以下の車をまとめました。

ただし、標準装備では1550mm以下でもルーフレール、ルーフキャリアなどのオプションで1550mmを超える可能性があります。またタイヤのサイズ変更により超える可能性、車高調により1550mm以下にすることも出来るケースがあります。

また1550mmギリギリの車は駐車場や車の状態によりセンサーが反応するケースもあるようです。全高が1550mm以下でも全幅で入れないケースもあります。

立体駐車場により入庫可能なサイズは異なりますので、入庫前に要確認でお願いします。

トヨタ

現在のプリウスαはまだモデルチェンジしていませんが、ギリギリアウトとなっています。新プラットフォームを採用したフルモデルチェンジ後の普通のプリウスは全高が20mm低くなっているのでフルモデルチェンジしたαも全高が低くなり1550mm以下になるかもしれません。

レクサスはまとめていませんが、全幅でLS、LCあたりは駄目そうです。RC Fも全幅でギリギリ駄目かも。

ホンダ

  • フィット(4WDは1550mmなのでセンサーが反応するかも)
  • シャトル(ただし4WDは1570mmでアウト)
  • ジェイド
  • グレイス
  • アコード
  • レジェンド
  • NSX

ホンダのジェイドは3列シートでありながら全高1550mm以下の貴重なモデルです(たぶん国産車では唯一、たぶん外車にもないと思います)。レジェンドは全幅で駄目かもしれません。NSXはたぶん全幅で駄目です。

日産

  • リーフ(1550mmきっちりなのでセンサーが反応するかも)
  • ノート
  • マーチ
  • ウイングロード
  • シルフィ
  • ティアナ
  • フーガ

スバル

いわゆるクロスオーバーと呼ばれるジャンルの中でXVは珍しく1550mm以下となっています。ただし、XVはフルモデルチェンジが予定されているため既に受注を行っていません。フルモデルチェンジ後はどうなるのか要注目です。

まとめ

ホンダのジェイド、スバルのXVはそれぞれジャンルの中では貴重な1550mm以下になっています(ただしXVはフルモデルチェンジ間近で新しいものがどうなるのかわかりません)。プリウスαもフルモデルチェンジが行われると思いますが、1550mm以下に収めるかどうかが注目されます。